発想の大切さ

 

生徒に教えているとこんな質問をされます。
「やり方は分かった。でもそんなの(最初から)思いつかないよ」
とても良い質問だと思います。実はこの壁を乗り越えられるかどうかこそが成績アップのための最大の鍵なのです。僕はよく生徒にこう言います。
「(今教えた)この問題はテストに出ないよ」
学校の定期テストや中間テストでは授業でやった教科書やプリントの問題がそのまま出題されることもあるでしょう。でも、それは数学の力を見るためではなく、授業に真剣に取り組んでいたかどうかを見るためのつまり、授業態度を判断するための問題です。
でも、実際の入試は「勤勉」であるかどうかではなく数学の実力を問うてきます。そう、初見の問題がそこにはあります。多くの生徒はそこに不安を覚えます。そして僕は繰り返し言います。
「この問題はもう出ないから解けるようになっても仕方ないよ」
もちろん不安がらせるために言っているのではありません。その問題の解法を覚えることは無意味だと言いたいのです。
では何を勉強するのか?それは、「発想」です。最初にその問題に取り組んだとき、なぜ出来なかったのか?その問題を解くために必要な「発想」はいったいなんだったのか?その発想を得るためにはどうしたら良いか?復習とはこういったことに頭を使って初めて意味を成します。
繰り返します。
問題を解くために必要なのは「解法」ではありません。「発想」なのです。ですから僕はいつも生徒に「発想」の大切さを説き「発想」を紡ぎだすためのお手伝いをしています。

follow us in feedly