Category Archives: 音楽

演奏会の告知:いわき交響楽団(10月14日)

 

演奏会の告知をさせてください。m(_ _)m いわき交響楽団 第28回定期演奏会 日程 2012年10月14日(日)14:00開演(13:30開場) 曲目 フンパーディング:ヘンゼルとグレーテル序曲 ショパン:ピアノ協奏曲第2番 ブラームス:交響曲第1番 演奏 いわき交響楽団 ピアノ独奏:鈴木香保理 指揮:永野裕之 料金 一般:¥800(当日券¥1000) 学生:¥400(当日券¥500) ※小さいお子様も保護者の方とご一緒にご入場いただけます。ホームページは⇒いわき交響楽団 チラシ(表)↓クリックで拡大します チラシ(裏)↓クリックで拡大します ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ いわき交響楽団の皆様にとりまして、震災後初の定期演奏会になります。 このオーケストラとは震災以前よりご縁がありまして、メンバーの方々の人柄の良さと音楽に対する真摯な思い……→ Read more

指揮者の勉強と和声進行(コード進行)の基礎

 

時々、 「指揮者の人ってどんな風に勉強(練習)するんですか?」 と聞かれます。確かに楽器の人がどのように練習するかは何となく想像つくかもしれませんが、指揮者の練習(?)というのは想像しづらいかもしれません。 指揮者の勉強 指揮者にも色々なタイプの方がいらっしゃいますので、一概には言えませんが、少なくとも私は「腕の動かし方」そのものを練習することはほとんどありません。ソリストとの合わせが難しそうなところや、拍子が変わるところ、テンポが変わるところは「こんな風に振ろうかな」と考えることはありますが、やはり練習(というか勉強)の90%以上はスコア(オーケストラの全ての音が書かれた楽譜=総譜)を読むことです。 では、スコアの中の何を読んでいるのか? それは、和声(和音)の進行です。 もちろん、どこでどの楽器が使われているかはチェックしますが、それよりも何よりも注意して読むのが和声です。なぜな……→ Read more

アバド&シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ

 

Lucerne Festival at Easter 昨夜、まだ観ていなかったこのディスクの中からチャイコフスキーの「悲愴」を鑑賞。指揮はクラウディオ・アバド、オーケストラはシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ。  とにかく素晴らしい演奏でした。「悲愴」はCDやDVDを合わせると10枚以上は持っていると思いますし、演奏会で実演にも多数触れてきましたが、私の中では文句なく一番感動的な演奏でした。一緒に聴いていた妻は号泣してました…。 シモン・ボリバル・ユース・オーケストラは「ユース・オーケストラ」ですから10代、20代の若者が中心なのですが、みんな音楽が本当に好きなのでしょう、弦楽器の一番後ろに座っている人に至るまで1人1人が体を揺らしながら、体全体で音楽を感じて演奏しています。そしてそんな様子からは、オーケストラの全員が「表現したい!」という熱い思いを持っていることがヒシ……→ Read more

佐渡裕さん

 

Photo by Yuji Hori 今日は私が「師」と仰ぐ指揮者の佐渡裕さんの誕生日です\(^o^)/ 佐渡さんはタングルウッド音楽祭への参加をきっかけにレナード・バーンスタインの弟子になり、ブザンソン指揮者コンクールに優勝。その後はヨーロッパを中心に国際的に活躍されている日本を代表する指揮者です。昨年は日本人として近年では小澤征爾さん以来ベルリン・フィルの指揮台に立ち、センセーショナルな成功をおさめられました。多忙を極めるなか、2008年より「題名のない音楽会」の司会として毎週お茶の間にも登場。師のバーンスタイン同様、音楽の魅力を広く伝えることに尽力されています。 私は高校生の時からバーンスタインが最も好きな指揮者だったので、彼の最後の愛弟子になられた佐渡さんには強い憧れを抱いていました。そんな佐渡さんにお目にかかることができたのは、やはり敬愛する指揮者の本名徹次さんと一緒にヨーロー……→ Read more

ap bank fes 05~HERO

 

昨日、たまたまこの動画を観ました。 ちょっと古いですが、ap bank fes 05 でミスチルの桜井さんが「HERO」を歌うシーン。途中、感極まった桜井さんが歌えなくなってしまうところがあります。桜井さんがライブ中に涙を流すのはとても珍しいことだと思います。そしてその瞬間、何万人ものお客さんによる大合唱が始まるのでした… “でもヒーローになりたい   ただ1人、君にとっての つまづいたり、転んだりするようなら そっと手を差し伸べるよ” という歌詞にオーバーラップしてみんなが桜井さんに手を差し伸べる様子に、私は鳥肌が立ちました。「プロなのに歌えなくなるなんて」というのは、ここでは野暮だと思います。みんなの温かい気持ちがひとつになった本当に素晴らしい瞬間でした。 感動しました。 ……→ Read more

follow us in feedly