Category Archives: 日記

【新刊】ふたたびの微分・積分(すばる舎)

 

4/12にすばる舎さんから出る新刊『ふたたびの微分・積分』の見本が届きました!\(^o^)/ 本書は拙書としては初の本文2色刷りです。数式や図の理解を助けてもらうために2色刷りは是非とも実現したかったので、出版社さんに無理を言ってお願いしました。また全体の分量も企画段階で考えていたよりもおよそ2倍に増えています(・_・;)。担当の編集者さんに「紙幅の制約よりも分かりやすさ、内容第一でいきましょう」と言って頂いたおかげで書きたいことはすべて書かせていただきました。私の我儘を通して頂いて感謝しています。   本書のターゲット 昔、表面的に微分・積分を学んでしまった理系の人 はじめて微分・積分を学ぶ意欲的な文系の人 学校で習った微分・積分がよく分からない高校生     本書の特色 高校数学の総括として、微分・積分の理解を完成させる 直感でも理解できる……→ Read more

【TV出演】NHK(Eテレ)「テストの花道」~高校1年生や2年生がやっておくべき数学の基礎固め

 

昨日放送の『テストの花道(NHK Eテレ)』に出演させていただきました。昨年の8月、10月、12月に続き4度目の貴重な機会に恵まれた事に感謝しています。今回のテーマは『今がチャンス!花道流基礎固め術』。私は全国の塾や予備校の先生が「高校1年生や2年生が今のうちにやっておくべきこと」として挙げられた項目のランキングについてコメントさせていただきました。   数学の基礎固めランキング 気になる数学の基礎固めランキングはこうでした。   数列について 数列に関連する基礎固めのポイントは以下の5つです。 等比数列の和の公式は忘れてしまう公式ワースト3の 1つ(永野数学塾調べ)。 階差数列、漸化式を通して「相対化(引き算)」の極意をつかむ。 漸化式の様々な解法は数学的な考え方の宝庫(丸暗記せずに意味を考える)。 Σ計算の訓練。 数学的帰納法(数列の単元の最後)……→ Read more

【雑誌掲載】プレジデントファミリー算数大特集~「数学でつまずかないために算数の時から気をつけること」

 

明日発売のプレジデント・ファミリー2014年3月号(←もう!)に、昨年末に取材して頂いたものが掲載されております。 プレジデント Family (ファミリー) 2014年 03月号 [雑誌]   取材テーマは 「実はカンタン!名教師12人の大作戦!わが子にミラクルが起きる『7日間プログラム』」でした。 私は中学受験は専門外ですし、普段小学生の生徒さんを教えているわけではないので算数に関する取材はいつもお断りしているのですが、今回は「中学受験に限ったものではなく、中学・高校の数学に繋がる基礎固めとしてお話いただきたい」という趣旨だったのでお受けしました。 「数学でつまずかないために算数の時から気をつけること」として私がお伝えしたかったのは(相変わらず)「丸暗記禁止!」ということです(^_-)-☆   数学が苦手になる人の共通点 私の塾の門を叩いてくれる人は、個別指導とい……→ Read more

【監修】おとなの算数 (日経ホームマガジン)

 

今年の春に一部を監修させていただいた日経おとなのOFFの記事が、ムックになりました! 全国のセブンイレブンを中心に販売されるそうです。\(^o^)/ 本誌に比べてぐっとコンパクトサイズで持ち運びがしやすく、またレイアウトも読みやすくなっています。しかも(←ここ重要)お値段は500円と相当リーズナブルです! 内容は 算数で脳のアンチエイジング 数学が得意になる!6つのアプローチ “岩波メソッド"2桁×2桁の暗算を2時間でマスターする “高濱式メソッド"「算数脳」をつくる 判断力、分析力が必要な“難問"で脳トレ 幾何学がつくり出す建築美 時空を超えた数学で表す美の基準 おもしろ数学小噺 和算入門 世界最高峰だった江戸時代の算術に迫る 数学界のオールスターズ ひらめき列伝 など実に盛りだくさん!これで500円は本当にお買い得だと思……→ Read more

【翻訳】『大人のための数学勉強法』の台湾版(繁体字)が届きました!

 

『大人のための数学勉強法』の台湾版(中国語 繁体字)が届きました\(^o^)/この本の翻訳は簡体字に次いで2か国語目ですが、多くの人に読んでもらえる機会を頂けるのは本当に有難いことです。 感謝m(_ _)m 左下が簡体字版、右下が今回の繁体字版。 繁体字版はオリジナルにかなり近くて、遠目には見間違えそうです(笑)。   オリジナルとの比較 今回の繁体字版とオリジナルをいくつか比べてみました(^_-)-☆ 《比較その1》   《比較その2》     《比較その3》   実は、昨日『根っからの文系のためのシンプル数学発想術』ついても翻訳(中国・繁体字)のオファーがありました。私の力は微力ですが、拙書を通して数学を学ぶ意義と喜びを感じてくれる人が一人でも増えてくれることを願ってやみません。 ……→ Read more

follow us in feedly