Category Archives: 日記

【新刊】中学生からの頭がよくなる勉強法(PHP研究所)

 

写真 2016-03-17 18 45 25

新刊『中学生からの頭がよくなる勉強法』出ます。

 

本書は、私としては初めて中学生のお子さん本人に向けて書いた本です。日頃、塾で接している生徒さんのことを思い浮かべながら、一人ひとりに語りかける気持ちで書きました。

 

お伝えする内容は前著『東大教授の父が教えてくれた頭がよくなる勉強法』をベースにしていますが、中学生のお子さんでも理解しやすいように表現やたとえやエピソードを工夫したつもりです。また各節の最後には、勉強法について生徒さんから受けることが多い質問をQ&Aの形でまとめました。紙面も、編集の田畑博文さんやイラストレーター・デザイナーの方のお力添えで、お子さんの目が先に進みやすいものになっていると思います。

 

タイトルにある「頭がよくなる勉強法」とは「自分の頭で考えられるようになる方法」とまったく同義です。本書にはそのための心構え(第2章)技術(第3章)が書かれています。それらはもちろん学力に直結します。 また、多くのお子さんや親御さんの関心が高い「やる気を引き出す方法」(第1章)や、数学を中心とした科目別の勉強法(第4章)についても多くの紙面を割きました。

 

一方で、本書には受験テクニック的なものは一切載っていません。それは、そもそも私がそういう裏技的なテクニックを持ち合わせていないということもありますが、知っている者だけが得をするような表面的な「知識」はこれからの時代に不必要だと強く感じているからです。

times_201309_02

中学生には平成24年度から実施されております現行の指導要領においても、「自分の頭で考えられる力」には大きな重点が置かれています。従来の評価の中心であった知識や技能よりも、思考力、観察力、表現力の3つの力が特に重要視されるようになりました(文部科学省ではこれらをまとめて「生きる力」と称しています)。

 

これを反映し、知識偏重気味のセンター試験が平成31年に廃止されることになったのは既報の通りです。大学入試制度がドラスティックに変化していく中で、ゆとり教育は言うにおよばず、詰め込み教育も成果をあげることはできなくなるでしょう。それは、情報化社会の現代においては顕著な価値観の多様化と変化のスピードと無関係ではありません。これからは、今まで以上に「自分の頭で考えられる力」が求められる時代になります。

 

手前味噌ながら、この本でお伝えする勉強法はそんな新時代を生き抜く力そのものを育てると自負しております。本書を通して、お子さん一人ひとりが自分の足で立てるようになるお手伝いができれば、筆者としてこれ以上の喜びはありません。

 

目次

はじめに

第1章:「やる気」を引き出すために知っておくべきこと

  1. 勉強をする理由
  2. あなた持っている「やる気の種」
  3. 4つの「やる気スイッチ」
  4. やる気になるための「わかる」とは
  5. 「わかる」の次にすべきこと
  6. トップアスリートに学ぶセルフ・コントロール
  7. 勉強で一番大事なこと=楽しむこと

第2章:学力を伸ばすために知っておくべきこと(心構え編)

  1. 学力が伸びるために必要な3つの要素
  2. 勉強=暗記 ではない
  3. 目標を達成する方法
  4. 教わり上手な子の3つの特徴
  5. 読書のススメ

第3章:学力を伸ばすために知っておくべきこと(技術編)

  1. 中学生からのノート術
  2. アクティブに学ぶ〜調べる〜
  3. 記憶の種類とポイント
  4. 永野式記憶法(1)〜ストーリー記憶法〜
  5. 永野式記憶法(2)〜メモリーツリー〜

第4章:教科別勉強法〜数学を中心に〜

  1. 数学の勉強法(1)〜中学1年生編〜
  2. 数学の勉強法(2)〜中学2年生編〜
  3. 数学の勉強法(3)〜中学3年生編〜
  4. 数学の勉強法(4)〜数学の成績が上がりづらい理由〜
  5. 英語の勉強法
  6. 理科の勉強法

おわりに

【書籍】NHKテストの花道 【教科別】ニガテ解消の合格術

 

 

昨日、主婦の友社さんから『NHKテストの花道 【教科別】ニガテ解消の合格術』が発売されました。

本書には以前出演させて頂いた際に紹介させてもらった「もどりま表」「ゴールから考える!」が掲載されています。

【TV出演】NHK(Eテレ)「テストの花道」~もどりま表の活用例他(数学って面白い!) < 永野数学塾塾長日記(永野裕之のblog)

【TV出演】NHK(Eテレ)「テストの花道」~ゴールから考える!(証明問題の解き方) < 永野数学塾塾長日記(永野裕之のblog)

詳しくは上記リンクをご覧頂ければ、と思いますがこのように書籍としても紹介していただいて大変光栄です。 本書は、各科目の苦手克服がテーマで「花道の先輩」が行っていた勉強方法が他にもたくさん紹介されています。 ご興味のある方は是非お手に取ってみてください。

テストの花道-1

テストの花道

ちなみに、「もどりま表」を紹介させて頂いた「数学って面白い!」の回は、来る4/18(土)午前10:00~再放送されるそうです。

NHK テストの花道

『学び続ける理由~99の金言と考えるベンガク論。~』(戸田智弘著)に取り上げていただきました!

 

ダウンロード

昨日(2014/9/18)発売の『学び続ける理由 99の金言と考えるベンガク論。 』(戸田智弘著/ディスカバー21)でご紹介いただきました!

本書は15万部を超えるヒットとなった『働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。 』の続編です。さっそく電子書籍版で拝読しましたが、引用していただいたのは拙書『根っからの文系のためのシンプル数学発想術』の中の次の一節でした。

そもそも数学は
「ものごとの本質を見抜こう」
「目に見えない規則や性質をあぶり出そう」
という精神を養い、筋道を立てて物事を考えていく力を養う学問です。抽象化すなわち本質をあぶり出すことこそ数学の最大の目標であると言っても、決して過言ではありません。(P165)

本書は「古今東西の名言とともに、『学ぶことの意味』を今こそ考えよう!」という趣旨のもとに書かれていて、11章にわたって勉強に関する99の『名言』が紹介されています。

私は第9章「数学を学ぶ意味」の中で取り上げていただきました。ちなみに同章のラインナップは

第9章 数学を学ぶ意味
No73 三田紀房『ドラゴン桜』(漫画)
No74 北野武(タレント、映画監督)
No75 永野裕之(数学塾塾長)
No76 新井紀子(情報学者)
No77 諏訪哲二(元高校教師、思想家)
No78 橋本武(元国語教師)
No79 アインシュタイン (理論物理学者)

となっています。他の章を見てみると、内田樹氏、寺山修司氏、ピーター・F・ドラッカー、ビスマルク、カール・セーガン、ヘーゲル、井上ひさし氏、山本五十六氏など錚々たるメンバーが並んでいますので、その中に加えていただいて大変光栄です。嬉し恥ずかしですが、とても励みになりました。

著者の学びのフィールドは多岐にわたっていて大変楽しめる本になっていると思います。ご自身は「支離滅裂」だと謙遜されていますが、常に学び続けてこられた姿勢には見習うべきところが多いです。ご興味のある方は是非!

日経おとなのOFFで拙書をご紹介いただきました。

 

resize900otonaoff201408

現在発売中の日経のおとなのOFF最新号(2014年8月号)で拙書を2冊ご紹介いただいております。

resize1200P7140078

今号の特集は「脳に効く!おとなの算数」で、「データにだまされない統計術」、「大学生が間違える小学校の算数」、「素数とπの迷宮」など興味深い記事が目白押しですが、拙書が紹介されているのは「この本できっと算数にはまる!」のページ。紀伊國屋書店の店員さんが「多彩な数学の魅力に触れられるえりすぐりの本」として大人のための数学勉強法 根っからの文系のためのシンプル数学発想術を取り上げて下さいました。せっかくなので紹介文を引用させていただきます。
m(_ _)m

「大人のための数学勉強法」
問題を解くコツがつかめるおとなのための参考書
→数Ⅰレベルの問題をベースに、いかにアプローチして問題を解くか、そのコツを紹介。次数を下げる、周期性を見つけるなどのアプローチ法で、東大の入試問題も分かりやすく解き明かす。数学ノートの作り方や正しい問題集との向き合い方など、勉強法も伝授。

「根っからの文系のためのシンプル数学発想術」
仕事のヒントにもなる7つの発想パターン
→芥川龍之介の妻への手紙を例に発想術を解説し、マクドナルドのハッピーセットを例に正しい論理を導くコツを紹介。変換(言い換え)、具体化(例え)、逆の視点(背理法)など、数学の解き方を、数学以外の事例を使って紹介。仕事にも応用できるヒントが満載だ。

いやあ、嬉しいです♪(*´∀`*)
1人でも多くの方に読んでもらいたいと思って書かかせてもらった本をこうしてご紹介頂けるのは本当にありがたいです!紀伊國屋書店の店員さんには菓子折りを持ってご挨拶に行きたいくらい(笑)。

それにしてもこのページ書籍紹介らしくなくてなんだかお洒落ですねえ。

 

 

【書評】『問題解決に役立つ数学』~リクルートワークス研究所機関紙Works~

 

resize1200IMG_20140610_0002_NEW

“人と組織の「新しいコンセプト」を提起する研究機関”であるリクルートワークス研究所の機関紙Worksで、拙書「問題解決に役立つ数学」(PHP研究所)を紹介していただきましたm(_ _)m

リクルートワークス研究所 | Works Institute

主に人事担当の方が読まれる機関紙のようです。

resize1200(明)P6100069

拙書について1ページ丸々を使った書評が載るのは初めてのことでとても光栄に思っています。太っ腹なことにリクルートワークス研究所さんのサイトで全文が公開されていますので、宜しければ御覧ください。

pdfアイコンBook~畑違いに学ぶ人事の知恵~ 『問題解決に役立つ数学』(永野裕之著)

 

取材の歳、ライターの方は
「こういう本はこれまで見たことがありません!」
「私は文系ですが、高校時代にこの本に出会っていたら人生変わっていたと思います!」
等など、褒めちぎってくれました(∩_∩;)
半分(以上)はお世辞だとは思いつつもやはり嬉しかったです♪

出版の機会を頂戴したときはいつも、一人でも多くの方に読んでもらいたいと思って精魂を込めて書くのでこうしてご紹介頂けることは本当に有難いです。ただただ感謝。

 

follow us in feedly