Category Archives: 大人の数学

数学を学ぶ理由

 

writing-104091_1280

「なぜ数学なんて勉強しなくちゃいけないんだ
と思ったことはないでしょうか?
多分ほとんどの方が
一度は考えたこと(不満に思ったこと)があるのではないでしょうか。
確かに、日常生活を生きていくためには
簡単な四則演算(足し算、引き算、掛け算、割り算)ができれば事足ります。
因数分解、二次方程式、ベクトル、数列… 
一部のお仕事を除けば、これらが生活の中で必要になることはまずないでしょう。
分数の計算ですら、日々の生活の中でそれを行うことはほとんどありません。
にも関わらず
日本だけではなく、およそ教育のあるほとんどの国で
数学(算数)は必須科目としてカリキュラムに組み込まれています。
なぜでしょうか?
それは
論理力を磨くため
と、私は常々思っています。
「論理力」と言っても難しく考える必要はありません。
「論理力」とは
・人に自分の考えが伝えられる
・人の言っていることが分かる。

この2つができる力のことです。
人の上に立って、自分の考えを皆に伝え、
人々を引っ張っていくためには
自分の考えを相手にきちんと伝えられる論理力が不可欠です。
また、たとえ自分と考え方が違っても、
人の意見が理解できるのも論理力のなせる業です。
人間は有史以前より主義主張の違いから多くの争いを生んできましたが
論理力をもって相手の考えること、欲していることが理解できれば
自分の考えを話し合いで伝えることができれば
悲惨な争いの多くは未然に防げたはずです。
論理力を養うためには
説得され納得する
経験の積み重ねが必要です。
そして、数学で繰り返される「証明」はまさに
自分にとって未知の法則(考え方)の正しさを
説得され納得する経験に他なりません。
また、数学の答案を書くことは
人(採点者)に自分の考えを筋道を立てて説明する訓練になります。
つまり
数学を学ぶことは論理力を鍛えることなのです。
私は
世界中に数学の教育が行き届いて、
真に論理力のある人間が多く育てば
この世の中から不毛な争いは無くなる

と思っています。
そして、本当に微力ですが、永野数学塾で
1人でも多くの論理力を持った人間を育てることができれば
やがては世界平和につながるのだと信じて日々教えています。

数検(数学検定)合格!!

 

今日、また大人の数学塾の生徒さんから嬉しいメールを頂戴しました。
見事数検(数学検定)の準2級に合格されたとのことです!!\(^o^)/
この生徒さん(30代女性)には約半年前から永野数学塾の大人の数学塾に通っていただいています。既婚で家庭をお持ちの上、お仕事もあるため、毎週の添削指導と月一回の通塾でお教えしています。とにかく数学にコンプレックスがある、とのことでしたので高校1年生の数学からはじめたのですが皆が当たり前に思ってしまうようなことでも疑問に思うことは何でも素直に質問してくれるのでとても教え甲斐のある生徒さんです。
そんな彼女が見事数検(数学検定)準2級に合格しました!!私としても本当に嬉しいです。でも、もちろんこれで終わりではありません。まだまだ上を目指して一緒にがんばっていきます!!

嬉しいメールを頂戴しました~社会人編~

 

以前、永野数学塾の「大人の数学塾」で教えていた生徒さん(40代女性)から以下のようなメールをいただきました。この不況の中、一部上場の大手の会社に再就職を決められたとのことです。以下一部を引用させていただきます。

「…所で、私は永野数学塾に運命を感じましたよ。○○(再就職先)は古い会社なのか、技能職中途採用にもなんと筆記試験があったのです!!それもSPI試験!!! 試験2日前にSPIの話を聞き、本屋へ直行、問題集を買うと、、、、非言語系が全て数学!34単元もあるではないですか!!でも、その殆どが先生に教えて頂いた中学数学だったのです。泣きそうになった確率、何度も絵を描いた濃度の計算、登場人物(?)を整理しながら解いた原価と割引率の問題、、、
懐かしく思いながら、勉強を進めました。実際の出題は「集合」、「位置・方角」、「推論」が多く、自信なかったのですが、、、
しかし永野数学塾に通っていたから短時間でも何とか勉強をし、合格ラインに達する事が出来たのだと思います。通っていなければ、、、戦意喪失、勉強すらせず非言語はオールダメ、不合格だったでしょう。
永野先生という大変素晴らしい先生に巡り合えて感謝の想いでいっぱいです。先生に諦めずにご指導して頂いたお蔭で試験も受かり、最小限の就活で済みました。本当にありがとうございました。」

彼女は前職の職場で
「自分は論理的な思考が大変苦手だ」
とのコンプレックスが大きかったそうで、それを払拭したいとの希望で永野数学塾の門を叩いてくれました。本人いわく
「中学の数学からからっきしダメなんです」
とのことだったので夏休みの間の短期集中で中学3年間のおさらいをすることにしました。確かに最初は簡単な文章題でも数式が立てられず正直前途多難に感じましたが、彼女は本当にがんばり屋さんで、私の授業に必死に着いてきてくれました。その甲斐あって夏の終わりには中学3年生の応用問題でも、きちんと筋道を立てて数式を立て、そして解くことができるまでになったのです。
自分のコンプレックスを放置せずに立ち向かい、見事に克服された彼女に心から拍手を送りたいと思います。

生活の中にあふれる数学

 

永野数学塾では「大人の数学塾」と銘打って社会人や主婦の方、またお仕事をリタイアされたシルバーの方々にも数学の授業を開講しています。
「でも、今更数学なんて勉強しても何の役にも立たないでしょう。」
そんな風に考える方も少なくないと思います。確かに、数学で扱うベクトルや数列や三角関数などが日常生活で必要になることはほとんどありません。しかし、数学を学ぶ本当の理由は問題集に載っている問題を解くことではないのです。
例えば、あなたがパソコンや携帯電話を買ったとしましょう。付属する説明書、読む気になりますか?また、テレビやステレオの配線はどうですか?新しい機器を買ってきても音が出ずに困ったことはありませんか?
これらの説明書や配線に共通すること、それはずばり「論理」です。
こんな風に書くと大げさに思われるかもしれませんが、どのボタンを押したらどうなるのか、どこのジャックとジャックをコードでつなげば音が出るのか、それを考えることは、原因と結果を考えることであり、それはまさに「論理」に他なりません。
数学を学ぶことによって鍛える ことのできる「論理力」は生活のあらゆる場面でその威力を発揮します。数学は生活の中にあふれています。生活の中にある数学、それを発見しそれに感動できるようになることが「大人の数学」の醍醐味です。

日本経済新聞に掲載されました

 

nihonkeizaishinbun20080906red

先週の土曜日(2008/9/6)の日本経済新聞の朝刊に永野数学塾で行っている「大人の数学塾」のことが記事に載りました!!
永野数学塾は、高校生を中心に数学・物理・化学を教える個別指導の塾ですが、開塾当初から社会人から家庭の主婦、お仕事をリタイアされたシルバーの方に至るまでの「大人」の方々に数学を教える講座も開いてきました。
私は、プロ家庭教師時代に何人かの「大人」の方に数学を教えた経験から、学生時代に数学の先生との相性が良くなかったばかりに数学が苦手と勘違いしてしまっている方がとても多いことに気づきました。そして、それは本当に残念なことです。宿題やテストに追われることなく、純粋に数学の楽しさ、美しさに触れる経験をすることで誤って付いてしまった数学アレルギーが払拭できればこんなに良いことはないのではないかと、思っています。
また、これは実際に「大人の数学塾」を始めてみて気づいたことですが、社会人になってから、お仕事で数学が必要になってしまったものの学生時代から苦手(と思っている)なため、数学を基礎から教えて欲しい、という要望をとてもたくさんいただいています。そういった社会人の方のニーズに応えられるような数学塾は大変少ないようで、かなり遠方から通ってくださる方もいらっしゃいます。
これからも大人の方に数学を教えることを、積極的に続けていきたいと思います。

follow us in feedly