Category Archives: 大人の数学

【翻訳】『大人のための数学勉強法』の台湾版(繁体字)が届きました!

 

『大人のための数学勉強法』の台湾版(中国語 繁体字)が届きました\(^o^)/この本の翻訳は簡体字に次いで2か国語目ですが、多くの人に読んでもらえる機会を頂けるのは本当に有難いことです。 感謝m(_ _)m 左下が簡体字版、右下が今回の繁体字版。 繁体字版はオリジナルにかなり近くて、遠目には見間違えそうです(笑)。   オリジナルとの比較 今回の繁体字版とオリジナルをいくつか比べてみました(^_-)-☆ 《比較その1》   《比較その2》     《比較その3》   実は、昨日『根っからの文系のためのシンプル数学発想術』ついても翻訳(中国・繁体字)のオファーがありました。私の力は微力ですが、拙書を通して数学を学ぶ意義と喜びを感じてくれる人が一人でも増えてくれることを願ってやみません。 ……→ Read more

必要条件と十分条件の使い方~【取材】おとなの数学活用術(日本フルハップ会員誌『まいんど』12月号)

 

日本フルハップさんの会員広報誌「まいんど」の12月号に、先日の取材でお話した「おとなの数学活用術」が特集として掲載されました。 日本フルハップさんは、「中小企業における勤労者の福祉の向上を促進し、勤労者生活の質的向上を図ることを目的とした公益財団法人(HPより)」で、関西を中心に59万人(!)もの会員の方が加入されているそうです。取材の際もわざわざ関西から新幹線でお越しになりました。 数学の視点やノウハウをビジネスや暮らしに生かすためのアプローチとして私がご紹介したのは次の5つです。 因果関係や順序を守ろう 一般論と具体論を見極めよう 逆の視点を持とう 変換してみよう 掛け算で情報量を増やそう 改めて記事を拝見すると、例によって(?)マシンガンのように喋り倒した内容を、よくぞここまでかみ砕き、分かりやすい形でまとめていただいたものだと感心します。 本記事ではこの中から「1……→ Read more

【新刊】問題解決に役立つ数学(PHP研究所)

 

12/12にPHP研究所さんから出る新刊『問題解決に役立つ数学』の見本が届きました!\(^o^)/ デザインは寄藤文平さんと杉山健太郎さん(文平銀座)!寄藤さんは、私がこのブログでもご著作を紹介させていただいたことのある大好きな作家&イラストレーターさんなので、編集者の方からデザインが寄藤さんだと伺ったときはとても嬉しかったです。 あ~、好きだなあこのデザイン♪(*´∀`*) さて、本書の目的は数学で培った問題解決能力を普段の生活や仕事に活かせるようになることです。私は本書を 「社会人になったら使わないのに、なんで数学なんて学ぶ必要があったの?」 という疑問にお答えするつもりで書きました。 ただし、数学と言っても題材は「整数」と「確率(場合の数)」に限っています。なぜならこの2つの分野は誰にでも問題の意味が理解しやすく、また計算そのものは(小学生でもできるくらい)簡単なの……→ Read more

【新刊】根っからの文系のためのシンプル数学発想術(技術評論社)

 

来週11/8(金)に発売される新刊「根っからの文系のためのシンプル発想術(技術評論社)」の見本が届きました!\(^o^)/ 私の塾で短期間に数学の成績を伸ばす生徒さんに共通している点は、数学が苦手でも国語は得意だという点です。文章を読んだり書いたりすることが得意な生徒さんは、(本人は気づいていなくても)既に論理的にものごとを考えるための下地が十分にできあがっているので、ちょっとしたきっかけを与えるとあっという間に数学の力を伸ばします。そういうケースは跡を絶ちません。私はいつしか「国語力こそ数学力の源である」が持論になりました。 この本は文系の人が元来持っている数学の力、数学的発想力を呼び覚ますための本です。 本書を通して 「ああ、自分にも数学的に発想する力があったんだ」 と気づいてもらった上で数学的発想術を意識してもらえるようになること、それがこの本の最大にして唯一の狙いで……→ Read more

【TV出演】NHK(Eテレ)「テストの花道」~ゴールから考える!(証明問題の解き方)

 

昨日放送されたNHK Eテレ「テストの花道」に出演させていただきました。前回8月に続いて2回めになります。今回のテーマは「ゴールから考える!」でした。[※ 再放送は10/19(土)午前10時~]   900mlと400mlのコップを使って600mlを量る 「ゴールから考える」のトレーニングとして最初にやった問題はこれです。 どうしたら良いでしょう?なかなか手ごわそうですね…(・_・;)   さあ、ゴールをイメージしましょう。600mlの水は400mlのコップには入りませんから、最後に水は900mlのコップに入っているはずですね。つまり、私たちがイメージするべきゴールはこうです。 ではこのゴールの1つ前はどのような状態でしょう?それは… そうなんです!ゴールの1つ前を考えれば300mlを量り取れればいいことが分かります。と、言っても300mlを量るのもそう簡単……→ Read more

follow us in feedly