Category Archives: 勉強のコツ

試験場での心得

 

センター試験まであと1週間!…ということで「試験場での心得」を。(∩_∩) (その一)「自分が苦しいとき、他人はもっと苦しいと思う」入学試験は相対評価。テストの難しさは関係ありません。他人が走らせる鉛筆の音に焦ったら負けです。相手もあなたの鉛筆の音に焦っています。 (その二)「絶対に、あきらめない」第一志望に悠々と合格する人は滅多にいません。ボーダー・ラインを超える1点、2点が合否を分けます。 がんばれ受験生\(^o^)/ ……→ Read more

ライバルに差をつける過去問の活用法

 

受験生の皆さんは過去問が好きです(^_-)-☆。皆さんこぞって過去問に取り組みます。特に今の時期はセンター試験の過去問を解くことを勉強の中心に据えている人もいるでしょう。 過去問は二度と出ない問題 でも、私は生徒さんにいつも「過去問はやり過ぎないように」と指導しています。なぜなら、過去問は「もう二度と出ない問題」だからです。もちろん重要な内容が何度も出題されることはあります。でも、まったく同じ問題が出ることは当然ながらあり得ません。問われている内容は同じでも目先を変えるために出題形式は違います。そういう意味では、本番で解かなくてはいけないのはいつも新しい問題です。 過去問をやる意味 過去問はセンター試験や志望校の出題形式に慣れるためにやるものです。それ以上でもそれ以下でもありません。受験生の皆さんが、過去問をたくさん解けば合格ラインに近づく…そんな風に思っているとしたらとそれ……→ Read more

数学のテストで良い点数を取る方法

 

私は学生時代、テストを受けている最中から「お、これはきっと良い点数だろうな」と確信できる時がありました。それはどういう時かと言いますと、解きながら出題者の意図が分かった時でした。「あ~、◯◯のことを聞いてるな」「ここの対称性に気づいて欲しかったのね」「なかなかニクイでないの」などとほくそ笑みながら(←感じ悪い…)解いている時は、ほぼ間違いなく良い点数になりました。あ、のっけから自慢ぽくなってごめんなさいm(_ _)mでも、ここにテストで良い点数を取る秘訣が隠されています。はっきり申し上げましょう!(`・ω・´)ゞ。テストで良い点数を取るコツは出題者の気持に寄り添うことです。 「胸を借りる」つもりで 話は飛びますが、相撲用語(なのかな)で「胸を借りる」という言葉がありますね。「前頭が横綱の胸を借りる」などの表現で使われています。これは下位の力士は上位の力士に稽古を付けてもらって成……→ Read more

東大の「高等学校段階までに身につけて欲しいこと」

 

東京大学はホームページ上で「高等学校段階までの学習で身につけてほしいこと」として、東大を目指す高校生が大学入学前の学習において特に留意すべきことを教科別にまとめて発表しています。その内容は非常に示唆に富んでいますが、このホームページのことは意外と知られていないようですので、数学の部分をご紹介します。 「高等学校段階までの学習で身につけてほしいこと」(東大)より引用 【数学】  数学は,自然科学の基底的一分野として,人間文化の様々な領域で活用される学問であり,科学技術の発展に貢献するだけでなく,社会事象を客観的に表現し予測するための手段ともなっています。そのため,東京大学の学部前期課程(1,2年生)では,理科各類の全学生が解析・代数を必修科目として履修し,文科各類の学生も高度な数学の授業科目を履修できるカリキュラムが用意されています。 本学に入学しようとする皆さんは,入学前に,高等学……→ Read more

暗算禁止令

 

永野数学塾に通ってくれる生徒さんを見ていると、優秀な生徒さんほど暗算をしません。途中式や式変形の様子をしっかりノートに書き込んでいます。 少し前にそういう優秀な生徒さんに 「なぜ暗算をしないの?」 と聞いてみたことがあります。すると 「そんな危ないことできません」 と、返ってきました。さすがです。分かってるなあと思いました。 今日び、電卓は100円ショップでも売っています。誤解を承知の上では書けば、暗算なんて100円の価値しかないのです。そんな安い能力を誇示(?)するために途中式を省略したり、筆算を省いたりすることで、大切な答案をミスするなんて本当に「危険」なことです。またほとんどの生徒さんは暗算をしようと中空を見つめている間に、手が止まっています。つまり時間の短縮にもなっていません。 以前にも書きましたが(過去記事⇒答案の書き方)あるレベル以上の難関校の入試では、結果が合っている……→ Read more

follow us in feedly