Category Archives: 偉人伝・名言

北杜夫

 

$永野数学塾塾長日記
今日は北杜夫氏の85回目の誕生日。
北杜夫氏は小説家、精神科医、医学博士。代表作は「どくとるマンボウ航海記」。卓抜したユーモアとユニークな文明批評を織りこんでつづった型やぶりな作品で、旅行記ものの先駆的作品。西欧コンプレックスのない自由で気ばらない旅行記としてたちまちベストセラーになりました。
以降、小説、エッセイとも、特に若い読者から熱狂的に支持される人気作家に。「夜と霧の隅で」で1960年に第43回芥川龍之介賞受賞。
また壮年期より躁うつ病(双極Ⅰ型障害)を発症しましたが、みずからの病状をエッセーなどでユーモラスに記し、世間の躁うつ病に対するマイナスイメージを和らげるのに一役を買いました。熱狂的な阪神ファンとしても有名。
父は斎藤茂吉。

北杜夫の名言

・若者よ、恋をしろ。失恋すれば詩ができる。
 しなければ…それは、儲け物だ。
・一日のためなら、一生など棒に振ってもいい。
・ユーモアというのは、もとの意味は「体液」っていう意味で、
 その体液がないとユーモアに関する本をいくら読んでも、
 ジョーク集を読んでも、ほんとは身につかないんですね。
 だから自ずからなるユーモアが一番ほんとは大事なんです。
・宇宙飛行士が宇宙に行って地球のことを改めて考えるように、
 外国なんかを少し旅すると
 それと日本を比較して日本はどういうものかってことを知る、
 いくらかの手がかりにはなると思うんですね。
・いま、この齢となって私が若い人に言えることは、
 自殺するならとにかく三十歳まで生きてみる、ということだ。
 そこまで生きてからの思想上の死ならまだしも許せる。
 青年の観念的な死への傾斜は人生の始まりであるが、
 一面から見ればその大部分がマヤカシであり、
 さもなければ病気である。病気は治さねばならない。
 死というものを常々考えもしない人はまずヌキにして、
 「死への親近感」から始まった人々が、
 ついに「生への意志」に到達するのが
 あくまでも人間的な生き方というものである。

北杜夫氏の生涯は実に波乱万丈で型破りですが、精神科医でもあり、理系の小説家としてマルチな才能を発揮した方でした。昔読んだ「どくとるマンボウ」シリーズ、また、読み返してみようかなあ。




永野数学塾-東大卒講師の個別指導-神奈川県大和市中央林間

カール・フリードリヒ・ガウス

 

0d1116a1322d14a469700cbeb6eaf8fb63d03e44_20120430053929.jpg
昨日はフランスの偉大な数学者ポアンカレの誕生日でしたが、今日は18-19世紀最大の数学者の1人であるカール・フリードリヒ・ガウスの235回目の誕生日です\(^o^)/
ガウスはドイツの数学者、天文学者、物理学者。彼の研究は広範囲におよんでおり、特に近代数学のほとんどの分野に影響を与えたと考えられています。実際、数学や磁気学の各分野には彼の名が付いた法則、手法等が数多く存在します。
人類史上もっとも数学ができた人、と言われることもあるガウスにはその神童ぶりを表す逸話も多いです。
ガウスは言葉を満足に話せるようになる前から、誰から学ぶこともなく計算ができたといわれています。彼がまだ3歳になるかならないかの頃、父親が職人達に支払う給料の計算をしていた時、彼は父親の計算が間違っていることを傍から指摘しました。父親が驚いて計算をやり直したところ、息子が指摘した通りだったそうです。
小学生の時は、1から100までの数字をすべてを足してみよという課題に対し、1 + 100 = 101、2 + 99 = 101、…、50 + 51 = 101 となるので答えは 101×50 = 5050 だ、と即座に解答して教師を驚かせました。実際、算術の教師は彼の才能を見るにつけ、このような天才に自分が教えられることは何もないと言ったとか。
15歳の頃には、一日15分ずつの予備の時間を当てて1000個ずつの自然数にそれぞれ幾つの素数が現れるかを調べ、その次第に減っていく様子から、約100年後に証明されることになる素数定理を予想しました。
また、酒樽の体積を求めるにはそれをスライスした面の面積を調べて積み重ねればよい、という積分の概念にも自力で到達していたそうです。

ガウスの名言

・狭くとも、深くあれ。
・数学は科学の女王であり、数論は数学の女王である。
・他の人でも私のように深く、
 絶えず数学的真理に没頭すれば、
 同様になることができるはずです。
・数論の法則は、目に見えて現れるものだが、
 その証明は、宇宙の闇に深く横たわっている。
・神は計算をされている。

昨日のポアンカレ同様、ガウスもやはり自然が持つ美しさを信じていたことが伺えます。




永野数学塾-東大卒講師の個別指導-神奈川県大和市中央林間

アンリ・ポアンカレ

 

Joh-Poincare.png
今日は昭和天皇の誕生日ですが、偉大なる数学者アンリ・ポアンカレの158回目の誕生日でもあります\(^o^)/
ポアンカレはフランスの数学者。数学、数理物理学、天体力学など複数の分野に重要な基本原理を確立し功績を残したため、「最後の万能の人」とも呼ばれています。
彼が提唱したポアンカレ予想は完全に証明されるまで100年以上かかりました。(2006年 グリゴリー・ペレルマン)また、電子計算機がない時代にカオス的挙動について言及した点でも特筆され、後に「バタフライ効果」と呼ばれる予測不能性などがその著書の中で触れられています。

ポアンカレの名言

・数学者とは不正確な図を見ながら正確な推論のできる人間のことである。
・すべてを疑うか、すべてを信じるかは、
 二つとも都合の良い解決法である。どちらでも我々は反省しないですむからである。
・偶然はそれを受け入れる準備ができた精神にのみ訪れる。
・科学者は秩序づけを志すべきである。
 事実の集積が科学でないことは、石の堆積が家でないのと同じである。
・自然が美しくなかったならば、
 自然は労して知るだけの価値がないであろう。
 また、人生も生きるだけの甲斐もないであろう。
・科学者は実益あるがゆえに自然を研究するのではない。
 自然に愉悦を感ずればこそこれを研究し、
 また自然が美しければこそこれに愉悦を感ずるのである。

どの言葉にも共感しますが、特に最後の言葉は好きです。
この点において科学者と芸術家はとてもよく似ていると思います。




永野数学塾-東大卒講師の個別指導-神奈川県大和市中央林間

ウィリアム・シェイクスピア

 

200px-CHANDOS3.jpg
今日はシェイクスピアの448歳の誕生日\(^o^)/
言わずと知れた、英国の劇作家、詩人。代表作は4大悲劇「ハムレット」&「マクベス」&「オセロ」&「リア王」をはじめ、「ロミオとジュリエット」、「ヴェニスの商人」、「夏の夜の夢」、「ジュリアス・シーザー」など。
さすがに名言も多いです。その一部をご紹介します。400年以上前の言葉なのに、はっとします。シェイクスピアの卓見も素晴らしいですが、人間って変わらないないんだなあ(進歩がない?)とつくづく思います。

シェイクスピアの名言

・愚者は己が賢いと考えるが、
 賢者は己が愚かなことを知っている。
・愚かな知恵者になるよりも、利口な馬鹿になりなさい。
・時というものは、それぞれの人間によって
 それぞれの速さで走るものだ。
・過去と未来は最高のものに見える。現在の事柄は最高に悪く見える。
・金は借りてもならず、貸してもならない。
 貸せば金を失うし、友も失う。
 借りれば倹約が馬鹿らしくなる。
・われわれの人生は織り糸で織られているが、
 良い糸も悪い糸も混じっている。
・世の中には幸も不幸もない。ただ、考え方でどうにもなるのだ。
・神は、我々を人間にするために、何らかの欠点を与える。
・不幸を治す薬は、ただもう希望よりほかにない。
・誠の恋をするものは、みな一目で恋をする。




永野数学塾-東大卒講師の個別指導-神奈川県大和市中央林間

レオナルド・ダ・ヴィンチ

 

200px-Possible_Self-Portrait_of_Leonardo_da_Vinci.jpg
今日はレオナルド・ダ・ヴィンチの560歳の誕生日\(^o^)/
イタリアのルネサンス期を代表する芸術家で「万能人」などと呼ばれて、絵画、彫刻、建築、土木、人体、その他の科学技術に通じ、極めて広い分野に足跡を残しました。『最後の晩餐』や『モナ・リザ』はルネサンス絵画の傑作ですね。
しかも、若い頃は「この世で最高の美男子」と呼ばれるほどの美貌の持ち主だったそうです!(;゜0゜)ただ、生涯特定の女性と親しい関係になることはなく、独身でした。
そんなダ・ヴィンチは500年以上経った今も、ハッとさせられるような名言をたくさん残しています。曰く、

・簡潔さは究極の洗練である。
・同じ眼で眺めても、或る時は大きく、或る時は小さい。
・学は指揮官であり、実践は兵士である。
・あらゆる自然の営みは、最も短い道を通る。
・沢山を欲しがる者こそ、貧乏である。
・知るだけでは不十分である。活用しなければならない。
 意思だけでは不十分である。実行しなければならない。
・どこか遠くへ行きなさい。
 仕事が小さく見えてきて、もっと全体がよく眺められるようになります。
 不調和やアンバランスがもっとよく見えてきます。
・知恵は経験の娘である。

など…_φ(・_・




永野数学塾-東大卒講師の個別指導-神奈川県大和市中央林間

follow us in feedly