Category Archives: 偉人伝・名言

ボブ・ディランは言いました。

 

Bob Dylan / Stoned59   これだけは、覚えておきなさい。 何もかも失ったと思える瞬間でさえ、 あなたの未来だけはまだ残っているということを。 ボブ・ディラン ……→ Read more

芥川也寸志先生

 

今日は日本を代表する作曲家の一人である芥川也寸志先生の87回目の誕生日です。芥川先生と言えば、N響アワーのパーソナリティ(1984年~1988年)として親しみを持たれている方も多いかも知れません。 プロフィール クラシカ・ジャパンより引用 芥川也寸志(作曲家)1925-19891925年、文豪芥川龍之介の息子として生まれる。作曲を志し東京音楽学校(現:東京藝術大学)を卒業後、作曲家として本格的に活動を開始。正統派作品から映画、CM、校歌までその分野は多岐にわたる。 70年代から黒柳徹子と司会を務めた「音楽の広場」や80年より始まった「N響アワー」などテレビでも活躍。ダンディな容貌とソフトで快濶な語り口に男女問わずお茶の間の人気者となった。またアマチュアの育成や後進指導にも熱心で戦後日本の音楽界へ大きく貢献した。 黛敏郎、團伊玖磨らと並んで戦後日本を代表する作曲家である。 主……→ Read more

上杉達也・和也

 

タッチ (1) (小学館文庫) 今日は上杉達也・和也の誕生日\(^o^)/私(1974年生まれ)と同年代で上杉達也・和也を知らない人はいないと思いますが、2人はあだち充先生の野球&ラブコメ漫画の金字塔「タッチ」の主人公。 学生時代、私はあまり漫画を読まない方だったと思いますが、それでも「タッチ」には思いっきりはまりました。今まで何度読み返したか分かりません。数年前に、持っていた漫画を全部処分してしまった時もタッチだけは電子書籍化して残し、いつでも読めるようになっています(∩_∩) 完璧な青春漫画! 「タッチ」は10代の男の子の気持を完璧に描き切っていると私は思います。 ちょっと斜に構えて物事を見てしまうところだったり、でも内面はとても熱いところだったり、女の子のことだったり、友情だったり、部活だったり、家族との関係だったり…高校生男子ならきっと誰もが共感できて、そして憧れてしまう世……→ Read more

藤山寛美さん

 

今日は喜劇俳優、藤山寛美さんの83回目の誕生日。 藤山寛美と言えば、戦後昭和の上方喜劇界を代表する喜劇役者。 松竹新喜劇の看板俳優として、抜群の技巧、色気、「大阪俄」の芸脈を受けついだ本格的な上方喜劇の演技で観客を魅了し、20年間に渡り1日も休まず舞台に立ち続けました。 舞台を降りると、「遊ばん芸人は花が無うなる」という母親の一家言を守り(寛美の父は俳優、母はお茶屋の女将)、夜の街を金に糸目をつけず豪遊しました。また知人に騙されて巨額の負債を抱えていましたが「アホをやっておりますが、わてのアホはどうやら本物らしゅうおます」と道化て、恨み言一言わず完済し、大物ぶりを示しました。 共演した「日本の喜劇王」の榎本健一からは「ちゃんと一本の筋を持っている。東京の若い者とは違う。流石だよ。」親友だった渥美清からは「藤山寛美は丈夫だねぇ。俺だったらとっくに死んでるよ。」などと言われていたそうです……→ Read more

トーマス・ヤング

 

今日はイギリスの物理学者トーマス・ヤングの239回目の誕生日\(^o^)/ ヤングは光の干渉実験(ヤングの実験)で高校生にも馴染みの深い(?)人だと思いますが、とても多才な人だったようです。 まず、もともとはお医者さんです。それが医学において乱視や色の知覚などを研究しているうちにま光学の研究に向かい、光の干渉実験(ヤングの実験)を通して「光は波である」と主張するなど、物理学者としての道を歩き始めます。また、弾性体力学の基本定数(ヤング率)に名前を残していますし、実は「エネルギー」という言葉を最初に使ってその概念を導入した人でもあります。さらには音楽の世界で鍵盤楽器の調律法の一つであるヤング音律を考案。これは不協和音が少ない調律法として今でも高く評価されています。 私はこういう多才な人が好きです♪(^_-)-☆ ヤングの実験(高校生向け) ヤングの実験はセンター試験の最頻出問題……→ Read more

follow us in feedly