Category Archives: メディア

【監修】おとなの算数 (日経ホームマガジン)

 

今年の春に一部を監修させていただいた日経おとなのOFFの記事が、ムックになりました! 全国のセブンイレブンを中心に販売されるそうです。\(^o^)/ 本誌に比べてぐっとコンパクトサイズで持ち運びがしやすく、またレイアウトも読みやすくなっています。しかも(←ここ重要)お値段は500円と相当リーズナブルです! 内容は 算数で脳のアンチエイジング 数学が得意になる!6つのアプローチ “岩波メソッド"2桁×2桁の暗算を2時間でマスターする “高濱式メソッド"「算数脳」をつくる 判断力、分析力が必要な“難問"で脳トレ 幾何学がつくり出す建築美 時空を超えた数学で表す美の基準 おもしろ数学小噺 和算入門 世界最高峰だった江戸時代の算術に迫る 数学界のオールスターズ ひらめき列伝 など実に盛りだくさん!これで500円は本当にお買い得だと思……→ Read more

必要条件と十分条件の使い方~【取材】おとなの数学活用術(日本フルハップ会員誌『まいんど』12月号)

 

日本フルハップさんの会員広報誌「まいんど」の12月号に、先日の取材でお話した「おとなの数学活用術」が特集として掲載されました。 日本フルハップさんは、「中小企業における勤労者の福祉の向上を促進し、勤労者生活の質的向上を図ることを目的とした公益財団法人(HPより)」で、関西を中心に59万人(!)もの会員の方が加入されているそうです。取材の際もわざわざ関西から新幹線でお越しになりました。 数学の視点やノウハウをビジネスや暮らしに生かすためのアプローチとして私がご紹介したのは次の5つです。 因果関係や順序を守ろう 一般論と具体論を見極めよう 逆の視点を持とう 変換してみよう 掛け算で情報量を増やそう 改めて記事を拝見すると、例によって(?)マシンガンのように喋り倒した内容を、よくぞここまでかみ砕き、分かりやすい形でまとめていただいたものだと感心します。 本記事ではこの中から「1……→ Read more

【TV出演】NHK(Eテレ)「テストの花道」~もどりま表の活用例他(数学って面白い!)

 

昨日放送の『テストの花道(NHK Eテレ)』に出演させていただきました。8月、10月に続き3度目の機会に恵まれたことを感謝しています。今回のテーマは『数学って面白い!』。前回と前々回はインタビューでの出演でしたが、今回はスタジオでタレントさん相手に授業をさせてもらいました。 (^_-)-☆ 数学苦手克服のポイントとして今回お伝えしたかった事は ・公式を丸暗記せずに、証明を理解する。 ・『もどりま表』を使ってわかるところまで戻る。 の2点です。   公式を丸暗記せずに、証明を理解する 「授業」の中では、三平方の定理の証明をピタゴラスの方法とアインシュタインの方法で2通り行いました。ピタゴラスの方法については、以前このブログでも紹介したものです。 三平方の定理(ピタゴラスの定理)の誕生秘話と証明&『大人のための数学勉強法』P129の問題の解説 < 永野数学塾……→ Read more

【TV出演】NHK(Eテレ)「テストの花道」~ゴールから考える!(証明問題の解き方)

 

昨日放送されたNHK Eテレ「テストの花道」に出演させていただきました。前回8月に続いて2回めになります。今回のテーマは「ゴールから考える!」でした。[※ 再放送は10/19(土)午前10時~]   900mlと400mlのコップを使って600mlを量る 「ゴールから考える」のトレーニングとして最初にやった問題はこれです。 どうしたら良いでしょう?なかなか手ごわそうですね…(・_・;)   さあ、ゴールをイメージしましょう。600mlの水は400mlのコップには入りませんから、最後に水は900mlのコップに入っているはずですね。つまり、私たちがイメージするべきゴールはこうです。 ではこのゴールの1つ前はどのような状態でしょう?それは… そうなんです!ゴールの1つ前を考えれば300mlを量り取れればいいことが分かります。と、言っても300mlを量るのもそう簡単……→ Read more

統計以外の数学を大人が学び直す理由

 

NEC BIGLOBEが編集する会員誌「サーイ・イサラ」に取材をしていただきました。 9月号の【今月の旬ワード】が「数学」だということで、 「今からでも遅くない!『数学をやりなおす』オトナの理由」 がテーマのインタビューでした。   統計が必須でなかった理由 昨今は未曾有の統計ブーム(?)で、統計関連の書籍や記事をよく見かけます。統計は長らく数学の必須単元ではなかったので(平成24年度から実施されている指導要領では必須)、高校時代に数学が得意であった人でも統計の知識がまったくないという人は少なくありません。それだけに統計という手法によって明らかにされる事実を目の当たりにすると、マジックを見た時の様に興奮し、虜になる気持ちはよ~く分かります。 「どーしてこんなに大事なことを学校で教えてくれなかったんだ!ヽ(`Д´)ノ」 とお怒りになる人もいるでしょう(・_・;)。……→ Read more

follow us in feedly