Category Archives: メディア

『学び続ける理由~99の金言と考えるベンガク論。~』(戸田智弘著)に取り上げていただきました!

 

ダウンロード

昨日(2014/9/18)発売の『学び続ける理由 99の金言と考えるベンガク論。 』(戸田智弘著/ディスカバー21)でご紹介いただきました!

本書は15万部を超えるヒットとなった『働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。 』の続編です。さっそく電子書籍版で拝読しましたが、引用していただいたのは拙書『根っからの文系のためのシンプル数学発想術』の中の次の一節でした。

そもそも数学は
「ものごとの本質を見抜こう」
「目に見えない規則や性質をあぶり出そう」
という精神を養い、筋道を立てて物事を考えていく力を養う学問です。抽象化すなわち本質をあぶり出すことこそ数学の最大の目標であると言っても、決して過言ではありません。(P165)

本書は「古今東西の名言とともに、『学ぶことの意味』を今こそ考えよう!」という趣旨のもとに書かれていて、11章にわたって勉強に関する99の『名言』が紹介されています。

私は第9章「数学を学ぶ意味」の中で取り上げていただきました。ちなみに同章のラインナップは

第9章 数学を学ぶ意味
No73 三田紀房『ドラゴン桜』(漫画)
No74 北野武(タレント、映画監督)
No75 永野裕之(数学塾塾長)
No76 新井紀子(情報学者)
No77 諏訪哲二(元高校教師、思想家)
No78 橋本武(元国語教師)
No79 アインシュタイン (理論物理学者)

となっています。他の章を見てみると、内田樹氏、寺山修司氏、ピーター・F・ドラッカー、ビスマルク、カール・セーガン、ヘーゲル、井上ひさし氏、山本五十六氏など錚々たるメンバーが並んでいますので、その中に加えていただいて大変光栄です。嬉し恥ずかしですが、とても励みになりました。

著者の学びのフィールドは多岐にわたっていて大変楽しめる本になっていると思います。ご自身は「支離滅裂」だと謙遜されていますが、常に学び続けてこられた姿勢には見習うべきところが多いです。ご興味のある方は是非!

日経おとなのOFFで拙書をご紹介いただきました。

 

resize900otonaoff201408

現在発売中の日経のおとなのOFF最新号(2014年8月号)で拙書を2冊ご紹介いただいております。

resize1200P7140078

今号の特集は「脳に効く!おとなの算数」で、「データにだまされない統計術」、「大学生が間違える小学校の算数」、「素数とπの迷宮」など興味深い記事が目白押しですが、拙書が紹介されているのは「この本できっと算数にはまる!」のページ。紀伊國屋書店の店員さんが「多彩な数学の魅力に触れられるえりすぐりの本」として大人のための数学勉強法 根っからの文系のためのシンプル数学発想術を取り上げて下さいました。せっかくなので紹介文を引用させていただきます。
m(_ _)m

「大人のための数学勉強法」
問題を解くコツがつかめるおとなのための参考書
→数Ⅰレベルの問題をベースに、いかにアプローチして問題を解くか、そのコツを紹介。次数を下げる、周期性を見つけるなどのアプローチ法で、東大の入試問題も分かりやすく解き明かす。数学ノートの作り方や正しい問題集との向き合い方など、勉強法も伝授。

「根っからの文系のためのシンプル数学発想術」
仕事のヒントにもなる7つの発想パターン
→芥川龍之介の妻への手紙を例に発想術を解説し、マクドナルドのハッピーセットを例に正しい論理を導くコツを紹介。変換(言い換え)、具体化(例え)、逆の視点(背理法)など、数学の解き方を、数学以外の事例を使って紹介。仕事にも応用できるヒントが満載だ。

いやあ、嬉しいです♪(*´∀`*)
1人でも多くの方に読んでもらいたいと思って書かかせてもらった本をこうしてご紹介頂けるのは本当にありがたいです!紀伊國屋書店の店員さんには菓子折りを持ってご挨拶に行きたいくらい(笑)。

それにしてもこのページ書籍紹介らしくなくてなんだかお洒落ですねえ。

 

 

【書評】『問題解決に役立つ数学』~リクルートワークス研究所機関紙Works~

 

resize1200IMG_20140610_0002_NEW

“人と組織の「新しいコンセプト」を提起する研究機関”であるリクルートワークス研究所の機関紙Worksで、拙書「問題解決に役立つ数学」(PHP研究所)を紹介していただきましたm(_ _)m

リクルートワークス研究所 | Works Institute

主に人事担当の方が読まれる機関紙のようです。

resize1200(明)P6100069

拙書について1ページ丸々を使った書評が載るのは初めてのことでとても光栄に思っています。太っ腹なことにリクルートワークス研究所さんのサイトで全文が公開されていますので、宜しければ御覧ください。

pdfアイコンBook~畑違いに学ぶ人事の知恵~ 『問題解決に役立つ数学』(永野裕之著)

 

取材の歳、ライターの方は
「こういう本はこれまで見たことがありません!」
「私は文系ですが、高校時代にこの本に出会っていたら人生変わっていたと思います!」
等など、褒めちぎってくれました(∩_∩;)
半分(以上)はお世辞だとは思いつつもやはり嬉しかったです♪

出版の機会を頂戴したときはいつも、一人でも多くの方に読んでもらいたいと思って精魂を込めて書くのでこうしてご紹介頂けることは本当に有難いです。ただただ感謝。

 

【TV出演】NHK(Eテレ)「テストの花道」~高校1年生や2年生がやっておくべき数学の基礎固め

 

00001.m2ts_000103275

昨日放送のテストの花道(NHK Eテレ)に出演させていただきました。昨年の8月10月12月に続き4度目の貴重な機会に恵まれた事に感謝しています。今回のテーマは『今がチャンス!花道流基礎固め術』。私は全国の塾や予備校の先生が「高校1年生や2年生が今のうちにやっておくべきこと」として挙げられた項目のランキングについてコメントさせていただきました。

00001.m2ts_001556326

00001.m2ts_001581668

 

数学の基礎固めランキング

気になる数学の基礎固めランキングはこうでした。

00001.m2ts_001648869

 

数列について

00001.m2ts_001658045

数列に関連する基礎固めのポイントは以下の5つです。

  1. 等比数列の和の公式は忘れてしまう公式ワースト3の 1つ(永野数学塾調べ)。
  2. 階差数列、漸化式を通して「相対化(引き算)」の極意をつかむ。
  3. 漸化式の様々な解法は数学的な考え方の宝庫(丸暗記せずに意味を考える)。
  4. Σ計算の訓練。
  5. 数学的帰納法(数列の単元の最後)の意味と使い方を理解する

等比数列の和の公式、大丈夫ですか?(^_-)-☆こういうものでしたね。

2014-02-18_1308
2014-02-18_1309

ちなみにワースト3の残り2つは

  • 二項定理
  • 点と直線の距離の公式

です。不安な人は是非復習しておいてくださいね!(`・ω・´)ゞ

 

二次関数について

00001.m2ts_001669957

三角関数、指数関数、対数関数、微分・積分などあらゆる場面に顔を出す二次関数に関連する基礎固めのポイントは以下の4つです。

  1. 「最大値・最小値問題」の取り組み方を学ぶ。
  2. 関数におけるグラフの重要性を認識する。 
  3. グラフの平行移動の基礎を学ぶ。
  4. 平方完成(という式変形)の習熟。

 

数学の「基礎」とは何か

00001.m2ts_001678098

数学の場合、基礎を固めると言っても公式や解法をただ暗記するだけでは不十分です。公式と解法については次の2つを守りましょう。

・公式:証明ができるようにする。

・解法:なぜそうすると解けるのかを考える。

常々申し上げている通り、数学というのは「未知の問題に対応できる力」を養う学問です。上の2つはそのための、まさに『基礎』になります。

 

応用問題を解くために必要なこと

Andrew_Carnegie,_three-quarter_length_portrait,_seated,_facing_slightly_left,_1913-crop
Wikipedia

鉄鋼王のアンドリュー・カーネギーはかつてこう言いました。

大きな問題に直面したときは、その問題を一度に解決しようとせずに問題を細分化し、その1つ1つを解決するようにしなさい。

「基本問題はできるけれど応用問題が解けない」

と悩んでいる人は少なくないと思いますが、数学の場合応用問題が解けるようになるコツは次の2つです。

・“そもそも”の最初に戻る

・困難を分割して考える。

行き詰まったときは、原理・原則・定義に立ち戻る。これは数学のみならずすべての問題解決の基本であると私は考えます。逆に言えば、見たことのない問題を解こうとするときには

「円周率とは“そもそも”何か?」
「方程式とは“そもそも”何か?」
「関数とは“そもそも”何か?」

等の「最初」に戻ることが答えへの糸口を与えてくれます。

また、数学が得意な人は異口同音に

「どんな応用問題も基本問題の組み合わせに過ぎない」

と言います。もちろん世界中の人が寄ってたかっても歯がたたないような正真正銘の難問も世の中にはありますが、少なくとも大学入試レベルにおいては「難問」と言われる問題のほとんどは、基本問題の組み合わせに過ぎないことがほとんどです。

“そもそも”の最初に戻るにせよ、基本問題に分解するにせよ必要なのは本当の意味での基礎力です。逆にしっかりとした基礎力さえあれば、応用問題はきっと解けるようになります。

頑張ってください!
応援しています!!∩(*・∀・*)∩ファイト♪

※再放送は、2月22日(土)午前10時~10時30分です。

00001.m2ts_001693380

【雑誌掲載】プレジデントファミリー算数大特集~「数学でつまずかないために算数の時から気をつけること」

 

resize1200DSCN0158

明日発売のプレジデント・ファミリー2014年3月号(←もう!)に、昨年末に取材して頂いたものが掲載されております。

 

取材テーマは 「実はカンタン!名教師12人の大作戦!わが子にミラクルが起きる『7日間プログラム』」でした。

私は中学受験は専門外ですし、普段小学生の生徒さんを教えているわけではないので算数に関する取材はいつもお断りしているのですが、今回は「中学受験に限ったものではなく、中学・高校の数学に繋がる基礎固めとしてお話いただきたい」という趣旨だったのでお受けしました。

「数学でつまずかないために算数の時から気をつけること」として私がお伝えしたかったのは(相変わらず)「丸暗記禁止!」ということです(^_-)-☆

 

数学が苦手になる人の共通点

私の塾の門を叩いてくれる人は、個別指導という性格上からかほとんどが数学が大の苦手になってしまった人たちです。彼ら彼女らに共通している点は2点。

  • 中学2年生の途中くらいまではそんなに苦手じゃなかった。
  • 「数学の勉強」=「解法を暗記して問題集を何回も解き直すこと」と思っている

原因も共通しています。

算数で身に染み付いてしまった丸暗記勉強法で数学に取り組んだから

です。

私は常々「算数とは既知の問題を解くためのもので、数学は未知の問題を解くためのもの」と言っています。それぞれの教科の目指すものはまるっきり違うのですから取り組む姿勢が違うのも当然です。

ただ、厄介なのは中学1年~中学2年くらいの間はまだ履修範囲が狭くて作れる問題のヴァリエーションが少ないので「丸暗記勉強法」でもそこそこの点数が取れてしまうところです。そのために「算数から数学に名前は変わったけれど、算数と同じようにやり方を覚えればいいんだな!」と勘違いしてしまう人が続出します。そうならないためにも算数の時から、たとえ解法や公式を丸暗記すれば解けてしまうような問題に対しても
「なぜこれで解けるのか?」
「この公式の意味は何なのか?」
を考える習慣を身につけておくことは大変重要です。

そこで今回の取材では、割り算には2つの意味があることや、難しい文章題には難しい理由があることなどを通して、公式や解法の意味を考えることの大切さをお話しました。また最後にはおまけ(?)としてこのブログでも書きました「計算ミスする4つの理由」を紹介しています。

今号のプレジデントファミリーは「1週間で算数を得意にする!」をテーマに80ページを超える大特集が組まれています。色々と興味深い記事が満載ですので、ご興味のある方はどうぞお手に取ってみてください。
m(_ _)m

follow us in feedly