Author Archives: 永野裕之

1974年東京生まれ。
暁星高等学校を経て東京大学理学部地球惑星物理学科卒。
同大学院宇宙科学研究所(現JAXA)中退。
高校時代には数学オリンピックに出場したほか,
広中平祐氏主催の「数理の翼セミナー」に東京都代表として参加。

現在,個別指導塾・永野数学塾(大人の数学塾)の塾長を務める。
これまでにNHK,日本経済新聞,『日経おとなのOFF』他
テレビ・ビジネス誌などから多数の取材を受け,
週刊東洋経済では「数学に強い塾」として
全国3校掲載の1つに選ばれた。
NHK(Eテレ)「テストの花道」出演。

著作に『大人のための数学勉強法』
『大人のための中学数学勉強法』(以上ダイヤモンド社)。
『根っからの文系のためのシンプル数学発想術』(技術評論社)。
『問題解決に役立つ数学』(PHP研究所)。

プロの指揮者でもある。
既婚。2女の父。

【新刊】『東大教授の父が教えてくれた頭がよくなる勉強法』~プロローグ

 

2014年1月。朝焼けが嘘みたいに綺麗な冬晴れの朝、最愛の父が他界しました。 父に胃癌が見つかったのは5年前のことです。それからは入退院を繰り返し、やがて肺や肝臓への転移も見つかりました。父が亡くなる前日、私は父を見舞いました。いよいよ死期が迫っていることを感じていた私はその日が最後の会話になるかもしれないと覚悟をしていましたし、おそらく父も同じ気持ちだったと思います。 何を話そうかと逡巡しながら病室のドアを開けた私の目に入ってきたのはしかし、初めて見る、酸素マスクを付けられた父の姿でした。既に意識はほとんどなく、まともな会話ができるような状況ではありません。 少なからず狼狽している私のもとに、程なくして担当のお医者様がいらっしゃいました。 「本日中かあるいは両日中には危険な状態です。ご家族を呼んでください。」 父、危篤…覚悟はしていたはずなのに……→ Read more

『学び続ける理由~99の金言と考えるベンガク論。~』(戸田智弘著)に取り上げていただきました!

 

昨日(2014/9/18)発売の『学び続ける理由 99の金言と考えるベンガク論。 』(戸田智弘著/ディスカバー21)でご紹介いただきました! 本書は15万部を超えるヒットとなった『働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。 』の続編です。さっそく電子書籍版で拝読しましたが、引用していただいたのは拙書『根っからの文系のためのシンプル数学発想術』の中の次の一節でした。 そもそも数学は 「ものごとの本質を見抜こう」 「目に見えない規則や性質をあぶり出そう」 という精神を養い、筋道を立てて物事を考えていく力を養う学問です。抽象化すなわち本質をあぶり出すことこそ数学の最大の目標であると言っても、決して過言ではありません。(P165) 本書は「古今東西の名言とともに、『学ぶことの意味』を今こそ考えよう!」という趣旨のもとに書かれていて、11章にわたって勉……→ Read more

日経おとなのOFFで拙書をご紹介いただきました。

 

現在発売中の日経のおとなのOFF最新号(2014年8月号)で拙書を2冊ご紹介いただいております。 今号の特集は「脳に効く!おとなの算数」で、「データにだまされない統計術」、「大学生が間違える小学校の算数」、「素数とπの迷宮」など興味深い記事が目白押しですが、拙書が紹介されているのは「この本できっと算数にはまる!」のページ。紀伊國屋書店の店員さんが「多彩な数学の魅力に触れられるえりすぐりの本」として「大人のための数学勉強法 」と「根っからの文系のためのシンプル数学発想術」を取り上げて下さいました。せっかくなので紹介文を引用させていただきます。 m(_ _)m 「大人のための数学勉強法」 問題を解くコツがつかめるおとなのための参考書 →数Ⅰレベルの問題をベースに、いかにアプローチして問題を解くか、そのコツを紹介。次数を下げる、周期性を見つけるなどのアプ……→ Read more

【書評】『問題解決に役立つ数学』~リクルートワークス研究所機関紙Works~

 

“人と組織の「新しいコンセプト」を提起する研究機関”であるリクルートワークス研究所の機関紙Worksで、拙書「問題解決に役立つ数学」(PHP研究所)を紹介していただきましたm(_ _)m リクルートワークス研究所 | Works Institute 主に人事担当の方が読まれる機関紙のようです。 拙書について1ページ丸々を使った書評が載るのは初めてのことでとても光栄に思っています。太っ腹なことにリクルートワークス研究所さんのサイトで全文が公開されていますので、宜しければ御覧ください。 Book~畑違いに学ぶ人事の知恵~ 『問題解決に役立つ数学』(永野裕之著)   取材の歳、ライターの方は 「こういう本はこれまで見たことがありません!」 「私は文系ですが、高校時代にこの本に出会っていたら人生変わっていたと思います!」 等など……→ Read more

【新刊】ふたたびの微分・積分(すばる舎)

 

4/12にすばる舎さんから出る新刊『ふたたびの微分・積分』の見本が届きました!\(^o^)/ 本書は拙書としては初の本文2色刷りです。数式や図の理解を助けてもらうために2色刷りは是非とも実現したかったので、出版社さんに無理を言ってお願いしました。また全体の分量も企画段階で考えていたよりもおよそ2倍に増えています(・_・;)。担当の編集者さんに「紙幅の制約よりも分かりやすさ、内容第一でいきましょう」と言って頂いたおかげで書きたいことはすべて書かせていただきました。私の我儘を通して頂いて感謝しています。   本書のターゲット 昔、表面的に微分・積分を学んでしまった理系の人 はじめて微分・積分を学ぶ意欲的な文系の人 学校で習った微分・積分がよく分からない高校生     本書の特色 高校数学の総括として、微分・積分の理解を完成させる 直感でも理解できる……→ Read more

follow us in feedly