Author Archives: 永野裕之

1974年東京生まれ。
暁星高等学校を経て東京大学理学部地球惑星物理学科卒。
同大学院宇宙科学研究所(現JAXA)中退。
高校時代には数学オリンピックに出場したほか,
広中平祐氏主催の「数理の翼セミナー」に東京都代表として参加。

現在,個別指導塾・永野数学塾(大人の数学塾)の塾長を務める。
これまでにNHK,日本経済新聞,『日経おとなのOFF』他
テレビ・ビジネス誌などから多数の取材を受け,
週刊東洋経済では「数学に強い塾」として
全国3校掲載の1つに選ばれた。
NHK(Eテレ)「テストの花道」出演。

著作に『大人のための数学勉強法』
『大人のための中学数学勉強法』(以上ダイヤモンド社)。
『根っからの文系のためのシンプル数学発想術』(技術評論社)。
『問題解決に役立つ数学』(PHP研究所)。

プロの指揮者でもある。
既婚。2女の父。

【新刊】初歩からわかる数学的ロジカルシンキング

 

9月7日(月)にSCCさんから新刊が出ます。 タイトルは『 初歩からわかる数学的ロジカルシンキング 』です。 最近、どこかの知事さんが「高校教育で女子に(三角関数の)サイン、コサイン、タンジェントを教えて何になるのか」と発言して大きな問題になりました(その後、撤回されたようですが…)。 私は一数学教師として、この知事さんの発言には2つの論点から反論したいと思います。1つは、三角関数を大人になってから使う人は多くなくても、それを勉強しておかないと進めない道というのが確実にあるのだから―そして勉強とは将来の可能性を拡げるためにするものなのだから―まだ何者になるかが決まっていない高校生にとって「必要ない」とは決して言えないという点。それともう1つは、三角関数を通して学べる相似や周期性の応用範囲は驚くほど大きく、それは進路に関わらず身につけておくべきだという点です。 ただ、多くの方がこの知……→ Read more

【新刊】『ビジネス×数学=最強』~眠っていた論理力を呼び覚ます18の方法

 

本日(6月9日)、すばる舎さんから新刊が出ます。 タイトルは『ビジネス×数学=最強~眠っていた論理力を呼び覚ます18の方法』です。 学生時代、数学に苦しんだ人は 「なんであんなに苦労して数学なんて勉強させられたんだ!?ヾ(*`Д´*)ノ"」 と怒りにも似た疑問をお持ちかもしれません。 本書はこの問いに対する私なりの"答え"でもあります。 (以下は本書の「はじめに」から引用・抜粋しBlog用にリライトしたものです) 数学力とは そもそも「数学力」とは何でしょうか? 多くの文系の方が数学と聞いて連想するのは、方程式、関数、図形、ベクトル、確率、数列、微分・積分…などの単元名とそれに関連する数式やグラフのようです。あたなはどうですか? そして「数学力」とは数学の問題が解ける力のことだと思っていませんか? 本書の目的は、これが誤解……→ Read more

後期日程で東大に合格した生徒の話【指導記録】

 

永野数学塾の生徒さんが後期日程*1で東大に合格しました! 合格した浩一くん(仮名)が入塾してくれたのは高校2年の春。英語と国語はよくできていたものの数学が足を引っ張っている状態でした。でもその後の指導の中で着実に実力を伸ばし、センター利用で出願した私大にはすべて合格、一般入試でも早稲田と慶応に合格しました。私は、東大にも前期で合格するだろうと思っていました。 しかし、やはり試験は水物です…。 東大の前期試験では緊張からか数学で失敗し不合格。改めて試験の怖さを痛感しました。でも浩一くんが偉かったのはそこで少しも挫けなかったことです。前期の合格発表直後に貰ったメールには言い訳がましい言葉は一切なく、 「後期に向けて勉強するのみです!」 という短くも力強いメッセージが書かれていました。 そしてそのまま強い意志で後期に臨み、見事捲土重来を果たしてくれました!! 後期の問題は前期よりもかなり難しい……→ Read more

【書籍】NHKテストの花道 【教科別】ニガテ解消の合格術

 

NHKテストの花道 【教科別】ニガテ解消の合格術NHK『テストの花道』制作チーム 主婦と生活社ライフ・プラス編集部   昨日、主婦の友社さんから『NHKテストの花道 【教科別】ニガテ解消の合格術』が発売されました。 本書には以前出演させて頂いた際に紹介させてもらった「もどりま表」と「ゴールから考える!」が掲載されています。 【TV出演】NHK(Eテレ)「テストの花道」~もどりま表の活用例他(数学って面白い!) < 永野数学塾塾長日記(永野裕之のblog) 【TV出演】NHK(Eテレ)「テストの花道」~ゴールから考える!(証明問題の解き方) < 永野数学塾塾長日記(永野裕之のblog) 詳しくは上記リンクをご覧頂ければ、と思いますがこのように書籍としても紹介していただいて大変光栄です。 本書は、各科目の苦手克服がテーマで「花道の先輩……→ Read more

数学(mathematics)の語源

 

数学(mathmatics)の語源は、ギリシャ語の「マテーマタ(mathemata)」だと言われています。 マテーマタとは「学ぶべき事(複数形)」という意味です。つまり、最初「数学」と「学科」は同義でした。 古代ギリシャにおけるマテーマタ(数学=学科)は以下の4つを指します。 1)算術 2)音楽=応用数論 3)幾何学 4)天文学=球面学(動きの中の幾何学) ちなみに、音楽が「応用数論」として捉えられていたのは、弦を「部分:全体=1:2」となる点でおさえると1オクターブ上の音、「部分:全体=2:3」となる点でおさえると5度の和音になって綺麗に調和することなどが知られていたからです。 注)そもそもオクターブや「ド」と「ソ」等の音程の関係について、最初にルールを作ったのは古代ギリシャの数学者ピタゴラス ( BC580頃~BC500) の学派でした。 ……→ Read more

follow us in feedly