Author Archives: 永野裕之

1974年東京生まれ。
暁星高等学校を経て東京大学理学部地球惑星物理学科卒。
同大学院宇宙科学研究所(現JAXA)中退。
高校時代には数学オリンピックに出場したほか,
広中平祐氏主催の「数理の翼セミナー」に東京都代表として参加。

現在,個別指導塾・永野数学塾(大人の数学塾)の塾長を務める。
これまでにNHK,日本経済新聞,『日経おとなのOFF』他
テレビ・ビジネス誌などから多数の取材を受け,
週刊東洋経済では「数学に強い塾」として
全国3校掲載の1つに選ばれた。
NHK(Eテレ)「テストの花道」出演。

著作に『大人のための数学勉強法』
『大人のための中学数学勉強法』(以上ダイヤモンド社)。
『根っからの文系のためのシンプル数学発想術』(技術評論社)。
『問題解決に役立つ数学』(PHP研究所)。

プロの指揮者でもある。
既婚。2女の父。

Blog統合のお知らせ

 

いつも『永野数学塾塾長日記』をご覧いただき、ありがとうございます。 この度BlogはHatena Blog『永野裕之のBlog』に統合することに致しました。つきまして、誠に勝手ながら当Blogの更新をストップさせていただきます。最新情報は↓のHatena Blogをご覧いただければ幸いです。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 《Hatena Blog》 永野裕之のBlog         ……→ Read more

【新刊】ふたたびの高校数学(すばる舎)

 

あのときわからなかった公式の意味が、いまこそ理解できる! 高校数学から大学数学の入口まで、学びやすく、理解しやすい独自の構成で解説。定理や公式に隠された「本当の意味」がわかり、真の理解が進む。のみならず、数学という学問の「全体像」も見えてくる、大人の再入門&再発見。 ふたたびの高校数学 – 株式会社 すばる舎より 本書のテーマは、 「高校数学とは何だったのか?」 という問いに答えることです。 大人のための学び直し本や、現役の高校生のための参考書にも良書・類書が少なくない中で本書の特徴をあげるとすれば、つぎの3点にまとめられると思います。 分野別の再構成(数学マップ) 行間を徹底的に埋めた解説 歴史や社会との繋がりを紹介したコラム ひとつずつ、書きますね。   分野別の再構成(数学マップ) 高校生が数学に迷う一つの理由は、各単元の内容が互いにどのように関係するか……→ Read more

【新刊】中学生からの頭がよくなる勉強法(PHP研究所)

 

新刊『中学生からの頭がよくなる勉強法』出ます。   本書は、私としては初めて中学生のお子さん本人に向けて書いた本です。日頃、塾で接している生徒さんのことを思い浮かべながら、一人ひとりに語りかける気持ちで書きました。   お伝えする内容は前著『東大教授の父が教えてくれた頭がよくなる勉強法』をベースにしていますが、中学生のお子さんでも理解しやすいように表現やたとえやエピソードを工夫したつもりです。また各節の最後には、勉強法について生徒さんから受けることが多い質問をQ&Aの形でまとめました。紙面も、編集の田畑博文さんやイラストレーター・デザイナーの方のお力添えで、お子さんの目が先に進みやすいものになっていると思います。   タイトルにある「頭がよくなる勉強法」とは「自分の頭で考えられるようになる方法」とまったく同義です。本書にはそのための心構え(第2章)や……→ Read more

【新刊】中学生からの数学「超」入門: 起源をたどれば思考がわかる(ちくま新書)

 

新刊『中学生からの数学「超」入門: 起源をたどれば思考がわかる (ちくま新書)』が出ました。 本書は、数学史を縦糸に、中学数学の意味と意義をお伝えする本です。タイトルに「中学生からの~」とありますが、中学生レベルに合わせて簡単に書いた、というわけではなく、読者対象はあくまで大人です。特に 「学生時代に、数学なんて勉強させられて損した」 と思っている方にこそ読んでいただきたいと思っています。 数学としてはほんの「触り」にすぎない中学数学からでもこれだけのことが学べて、しかもそれは人生を生きる上で実に有意義なのだということを、数学史を紐解きながら実感していただけるように書いたつもりです。また、本書は中学数学全体を復習する「勉強の本」ではありません。実用書とは一線を画し、読者の知的好奇心を刺激することを第一に考えて構成してあります。 もちろん、意欲のある中高生にも読んでもらえたらとても嬉しいで……→ Read more

【新刊】統計学のための数学教室

 

  9/11(金)に新刊が出ます。タイトルは『 統計学のための数学教室 』です。 統計を学びたくても、そこに登場する数学がわからない。そんな方のために書きました。 以下は、「はじめに」からの抜粋です。 「統計リテラシー」の世代間格差 今年(2015年)の春、「新課程」の教育を受けたいわゆる「脱ゆとり世代」の第1期生が高校を卒業しました。彼らは理系・文系の区別なく「データの分析」という数学Iに新設された必須単元の中で、ヒストグラム、箱ひげ図、分散、標準偏差、相関係数といった統計の基礎を身につけています。 一方、1974年生まれの私も含め、ほとんどの社会人にとって統計は(履修する人が少ない)選択単元だったはずです。統計を学校で学んだことのある人はごく一部ではないでしょうか? 今更、私が言うまでもなく、昨今のビジネスシーンでは統計が使える能力、すなわち「統計リテラシー」が必須になって……→ Read more

follow us in feedly