「大人のための数学勉強法」が中国語に翻訳されました!


otona-china

昨日、拙書「大人のための数学勉強法」の中国語(簡体字)翻訳版が届きました。
\(^o^)/

表紙は上の画像のような感じです。ちなみに本家(?)は↓

大人のための数学勉強法 ― どんな問題も解ける10のアプローチ

中国本土で6月1日から既に発売になっているそうです。またダイヤモンド社さんには他に韓国語台湾語(繁体字)にも翻訳したいというオファーが届いていると聞いています。

この本は私の処女作であり、原稿を書いているときにはまさか翻訳をしていただけることになるなんて夢にも思っていませんでした。これもひとえに応援してくださる皆さんのおかげです。心から御礼申し上げます。
m(_ _)m

私は恥ずかしながら、寡聞にして中国語はまったく分からないので、文体などのニュアンスをどんな風に翻訳してくれているのかはまるでわかりませんが、表紙には「永野裕之の力作です」的なことは書いてある気がします(笑)。

 

オリジナルとの比較

《比較その1》

P6141173
P6141170

 

《比較その2》

P6141174
P6141172

中国語のわかる友人によると、きたみりゅうじさんのイラスト部分も含めてかなり忠実に訳してある、とのことです。ありがたいことです。

この本は「どんな人でも必ず正しい方法で勉強すれば数学ができるようになる」という信念のもとに書きました。中学や高校時代にたまたま勉強方法が違っただけで数学が苦手になり、「私には数学の才能がないのね…」という挫折感と共に数学を嫌いになってしまった人は少なくありません。そんな人に「数学は難しくない」「数学って結構面白いじゃん」と思ってもらえることを願って、私の数学教師としての全てのノウハウを盛り込みました。

数学を学べば、論理が分かるようになります。論理が分かれば、主義主張の違うものどうしでも相手の考えが理解でき、また自分の考えを伝えることもできます。そうなれば、世の中の不毛な争い事の多くはなくなるはずです。数学は世界平和に繋がる、というのは私が数学を教える最大のモチベーションです。それだけに日本国内のみならず、他国の方々にも読んでもらえるチャンスを頂けたことはまさに望外の喜びです。

改めて、どこの馬の骨かも分からない私に貴重な機会を下さったダイヤモンド社編集者の横田大樹さん、ウイットに富んだイラストで文字だけでは伝わりづらい所を大幅に分かりやすくして下さったイラストのきたみりゅうじさん、装丁・デザインをまとめて下さった萩原弦一郎さん等、この本の出版にご尽力いただいたすべての方に心から感謝申し上げます。

follow us in feedly

Post Navigation