「大人のための中学数学勉強法」本日発売!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tyuugakusuugakubennkyouhouobiari550

 

いよいよ本日、『大人のための中学数学勉強法』が発売です!

イラストのきたみりゅうじさんをはじめ、様々な方のお力を頂戴して完成した本が今日から全国の書店に並びます。なんだか苦労して育てた我が子の旅立ちを見送る親のような心境です(∩_∩;)。この本がたくさんの方と出会えることを、そして少しでも皆様のお役に立てることを願ってやみません。

今回の本は中学数学全般を復習しながら、数学が仕事や生活に役立つものであることを実感してもらうのが狙いです……と言ってもどのような本になっているかイメージがつかみづらいと思いますので、目次をご紹介しますね。

 

序章 中学数学を勉強する前に知っておきたいこと

大人が中学数学を学ぶ意味
●数学なんて必要ない?
●本当は役に立つ中学数学
●大人にはわかる数学を学ぶ意味
●7つのテクニックの役割
●10のアプローチと7つのテクニック

なぜ数学の勉強法を間違ってしまうのか
●算数は結果、数学はプロセス
●掛け算の順序問題はなぜ起きたか?
●算数は生活能力、数学は解決能力

数学勉強法ダイジェスト
●暗記をしない
●「なぜ?」を増やす
●意味付けをする
●定理や公式の証明をする
●「聞く→考える→教える」の3ステップ

第1章 [テクニック・その1]概念で理解する

概念で理解するには

負の数(中学1年生)
●数に「方向」を考える
●「0」が空(empty)から均衡(balance)に変わる
●絶対値
●負の数の足し算
●小さい数-大きい数
●負の数の引き算
●3つ以上の正負の足し算
●(-1)×(-1)=+1になる理由
●負の数の掛け算と割り算

素数(中学3年生)
●数にも「素」がある
●素数に1が含まれない理由
●素因数分解
●公約数は共通の「部品」
●公倍数は「部品」の統合
●最大公約数は「弱い」?

平方根(中学3年生)
●人を殺してしまった数
●平方根
●ルート(根号)
●数の種類
●実体が捉えられない数を概念として理解する
●平方根(無理数)の計算
●平方根を簡単にする

第2章 [テクニック・その2]本質を見抜く

本質を見抜くには

文字と式(中学1年生)
●具体から抽象への飛翔
●「代数」の誕生
●文字式のルール
●文字を使う目的は「一般化」
●1年後の月齢はわかるのに、天気はわからない理由

式の計算(中学2年生)
●次数との出会い
●次数とは
●次数=ファクターの数
●次元について
●ドレイクの方程式

多項式(中学3年生)
●因数分解はなぜ重要か?
●多項式の計算
●分配法則
●多項式×多項式
●乗法公式
●因数分解の方法
●なぜ「最低次の文字について整理する」とよいのか?
●因数分解の実践

第3章 [テクニック・その3]合理的に解を導く

合理的に解を導くには

1次方程式(中学1年生)
●等式の性質
●0で割ってはいけない理由
●移項で方程式を解く
●正しさは結論にではなく、プロセスにある

連立方程式(中学2年生)
●未知数の数だけ方程式が必要
●代入法
●加減法

2次方程式(中学3年生)
●最も簡単な2次方程式
●平方完成
●解の公式を導く
●2次方程式のもう1つの解き方(因数分解による解法)
●「答えがない」こともある!

方程式の応用 (中学1年生~中学3年生)
●ルールを見つけてモデル化する

第4章 [テクニック・その4]因果関係をおさえる

因果関係をおさえるには

比例と反比例(中学1年生)
●比例
●比例のグラフ
●反比例
●反比例のグラフ
●片方しかわからなくても大丈夫
●写像(範囲外)~因果関係が明らかな2つのケース
●関数は函数
●暗号に使われる1対1対応

2次関数(中学2年生)
●比例関係の発展形
●1次関数のグラフが直線になる理由
●2元1次方程式
●線形代数(範囲外)は世界をひも解く基本原理
●線形計画法(応用)

y=ax2(中学3年生)
●2次関数の基礎
●2次関数のグラフからわかること
●2次方程式に解のないケースがある理由
●「非線形」の関数も必要
●微分(範囲外)の入り口 ~関数の次数

第5章 [テクニック・その5]情報を増やす

情報を増やすには

図形の作図(中学1年生)
●垂直二等分線の作図
●角の二等分線
●方法には原理がある

平行と合同(中学2年生)
●平行線の性質
●三角形の合同条件
●効率よく情報を集めるためのチェックリストを持とう

図形の性質(中学2年生)
●分類によって情報を引き出す
●分類の進んだ使い方

円(中学3年生)
●情報量No.1の“美しい”図形

相似(中学3年生)
●比例式が使える図形

第6章 [テクニック・その6]他人を納得させる

他人を納得させるには

仮定と結論(中学2年生)
●論理の基礎
●ゼノンのパラドックス(範囲外)
●PAC思考法(範囲外)

証明の基礎(中学2・3年生)
●答案で求められていること
●数学のテストは加点法
●証明の書き方

空間図形(中学2年生)
●伝え聞いたことを鵜呑みにしない
●正多面体は5種類しかない理由

三平方の定理(中学3年生)
●深遠なる「論理の森」の入口
●ピタゴラスの定理が生まれたとき
●証明1(ユークリッド式)
●証明2(アインシュタイン式)
●有名な直角三角形

第7章 [テクニック・その7]部分から全体を捉える

部分から全体を捉えるには

資料の整理(中学1年生)
●度数分布表
●ヒストグラムと度数折れ線
●代表値
●よりよい「代表」を求めて……(範囲外)
●偏差値とは何か(範囲外)

確率(中学2年生)
●人間の直感はアテにならない
●同様に確からしいか?
●勘違いその1
●勘違いその2
●勘違いその3
●勘違いその4

標本調査(中学3年生)
●味噌汁の味見が一匙ですむ理由
●全数調査と標本調査

follow us in feedly

Post Navigation