暗算禁止令


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

永野数学塾に通ってくれる生徒さんを見ていると、優秀な生徒さんほど暗算をしません。途中式や式変形の様子をしっかりノートに書き込んでいます。

少し前にそういう優秀な生徒さんに

「なぜ暗算をしないの?」

と聞いてみたことがあります。すると

「そんな危ないことできません」

と、返ってきました。
さすがです。分かってるなあと思いました。

今日び、電卓は100円ショップでも売っています。誤解を承知の上では書けば、暗算なんて100円の価値しかないのです。そんな安い能力を誇示(?)するために途中式を省略したり、筆算を省いたりすることで、大切な答案をミスするなんて本当に「危険」なことです。またほとんどの生徒さんは暗算をしようと中空を見つめている間に、手が止まっています。つまり時間の短縮にもなっていません。

以前にも書きましたが(過去記事⇒答案の書き方)あるレベル以上の難関校の入試では、結果が合っているかどうかよりも、どうやってその結論にたどり着いたかが問われます。つまり、自分の頭の中で考えていることを他人が読んでも分かるように、しっかりと「表現」できる生徒が合格を勝ち取るのです。

計算の過程をしっかりと書けるようになることはその第一歩です。

そのため、永野数学塾では暗算禁止令を発令しています(^_-)-☆



永野数学塾-東大卒講師の個別指導-神奈川県大和市中央林間

follow us in feedly

Post Navigation