不等号(≧)の意味


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

という意味なのです。

言葉を使って考えてみると、もうちょっとしっくりくるかもしれません。

「≧」は日本語で言えば「~以上」という意味ですね。すると上の2つの不等式は

(1)5は3以上の数である

(2)3は3以上の数である

という意味になりますから、「確かに間違ってはいない」と思ってもらえるのではないでしょうか?

では問題です。

…と聞くということは違いそうですよね。

はいそうです。上の不等式と下の日本語は同じ意味ではありません。

例えば、ここにAさん、Bさん、Cさんの3人グループがいるとして、それぞれの身長が

 Aさん:165cm

 Bさん:170cm

 Cさん:175cm

だとしましょう。この時、3人の中で一番低い身長は165cmですので、3人の身長の最小値は165cmです。でも、このケースで、

「3人は身長160cm以上です」と言っても別に間違いではありませんよね。

つまり、身長をTで表すことにすれば

「T≧160」

と書いても良いわけです。
しかしもちろん3人の身長の最小値は160cmではありません。

つまり、

T≧160 ではありますが、Tの最小値は160ではないのです。

次のような例もあります。

最小値は0ではなく2 です。この問題は相加平均・相乗平均の関係(数2)を使って考えることもできますが、いずれにしても「≧」と書いてあっても、等号が成立する保証はありませんので、等号が成立するかどうかをしっかり確かめる必要があります。

念押しさせて下さい。

以上、業務連絡(←ここに書くな~)でした!(^_-)-☆



永野数学塾-東大卒講師の個別指導-神奈川県大和市中央林間

[本記事のイラストはイラストポップさんより]

follow us in feedly

Post Navigation