100点満点\(^o^)/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3学期制の学校では今週あるいは来週が中間試験というところが多いと思います。

永野数学塾でも先週くらいから「試験前の仕上げ」の授業が続いています。
そんな中、早めに中間試験を終えた高校3年生の生徒さんが、返却された答案を持ってきてくれました。生徒さんが「たまたまです…」と、ちょっと照れながら見せてくれた答案を見ると、何と100点満点!\(^o^)/

この彼は文系ですが、文系ではただ1人(理系にいるかどうかは不明)でもちろん学年トップ。これまでも学年やクラスのトップの成績を取ってくれる生徒さんはいましたが、100点満点という答案はなかなか目にすることはありません。それだけ「100点」というのは難しいことですし、素晴らしいことだと思います。

あるテストで100点を取るためには、そのテストで課される問題のうち、最も難しい問題のさらに2割増しくらい難しい問題がスラスラと解けるようになっていることが必要です。

「今回のテストではこんなに難しい問題は出ないだろう」

とテストレベル以上の問題の演習を怠っていると80点がいいところでしょう。テストというのはそれだけ特別な状況なのです。
彼は文系でも2次試験で数学が必要な国立難関校志望なので、定期テストは眼中になく、高いレベルの演習を繰り返していたことが今回の満点に繋がったのだと思います。

この彼が入塾してくれたのは去年の秋。最初は他の生徒さんと同じく数学が苦手でした。でも、もともと私との相性も良かったのか、まさに乾いたスポンジのように吸収してくれる生徒さんで、成果はすぐに上がるようになりました。彼も私を信頼してくれて、数学だけでなく英語など他の科目の勉強法の相談にも乗っています。

彼の志望校は難関なので、道は険しいと思いますが、受験勉強の最中に100点満点が取れた、というのは大きな自信になり、また励みになると思うので、私もとても嬉しかったです。

そんな彼と受験までの残り7~8ヶ月を共に戦っていきます!



永野数学塾-東大卒講師の個別指導-神奈川県大和市中央林間

follow us in feedly

Post Navigation