公式の「弊害」


4362414729_3a544f36c6_b
Photo Credit: trindade.joao via Compfight cc

実際に教えていると、公式の弊害をよく感じます。
生徒たちの多くは教科書や参考書に「公式」としてのっているものに、問題で与えられた文字なり数字なりを「あてはめる」だけの作業に終始してしまうのです。 これはとても窮屈なことですね。 例えるなら野球でフォームを決められれてしまうことに似ていると思います。 イチローのように振り子打法で打ちたいのに、一本足で打つこと強要されてしまうような窮屈さです。
公式で大事なのは結果ではなく、プロセスつまり、そこに至る考え方です!!
この事を私は声を大にして言いたいと思います。 先ほどの野球の例で言えば、ボールをバットの芯で捉えようとすること、それだけが重要であり、そのための「フォーム」は人によって違っていてもちろん構わないのです。
そして、公式のウラにあるプロセスには、4000年以上の数学の歴史における人類の叡智の結晶がつまっています!!! プロセスを学べば、その考え方を問う問題のなんと多いことに気がつくでしょう!それは大学入試問題を作っている教員たちというのはそのプロセスに感動して勉強をしてきた人たちだからです。 その意味では公式証明のプロセスはどんな問題よりも「最頻出問題」であると言っても過言ではありません!!

follow us in feedly

Post Navigation