オードリー・ヘップバーン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

$永野数学塾塾長日記
今日はオードリー・ヘップバーンの83回目の誕生日\(^o^)/
言わずと知れた大女優。
代表作に「ローマの休日」「尼僧物語」「ティファニーで朝食を」「マイ・フェア・レディ」「おしゃれ泥棒」「暗くなるまで待って」など。1989年「オールウェイズ」の後に引退。
その後国際連合児童基金(ユニセフ)のユニセフ親善大使に就任し、当時内戦が続いていたソマリアやスーダンを訪問。就任の際に、オードリーは「わたしは、ユニセフが子どもにとってどんな存在なのか、はっきり証言できます。なぜって、私自身が第二次世界大戦の直後に、食べ物や医療の援助を受けた子どもの一人だったのですから」と語っています。
アカデミー賞、トニー賞、エミー賞、グラミー賞を全て獲得した9名の中の一人。2010年、アメリカの通信販売大手QVCによる「20世紀最高の美女」を決めるアンケート調査において第1位。
語学が堪能で英語、フランス語、オランダ語、スペイン語、イタリア語を自在に操ったそうです。

ヘップバーンの名言

・愛は行動なのよ。言葉だけではだめなの。
 言葉だけですんだことなど一度だってなかったわ。
 私たちには生まれたときから愛する力が備わっている。
 それでも筋肉と同じで、
 その力は鍛えなければ衰えていってしまうの…。
・成功は誕生日みたいなもの。
 待ちに待った誕生日がきても、
 自分はなにも変わらないでしょ。
・いばる男の人って、要するにまだ一流でないってことなのよ。
・たしかに私の顔にしわも増えました。
 ただ、それは私が多くの愛を知ったということなのです。
 だから、私は今の私の顔のほうが好きです。
・美しい唇である為には、美しい言葉を使いなさい。
 美しい瞳である為には、他人の美点を探しなさい。

本当に、「美しい人」です。
なお、最後の言葉はオードリーの自身の言葉ではなく、アメリカの詩人サム・レヴェンソンが孫娘の誕生に贈った手紙であり、彼の詩集『時の試練を経た人生の知恵』に収録されていたものです。
オードリーはこの詩をとても好み、彼女が亡くなる前の年の最後のクリスマス・イヴに、2人の息子に読み聞かせたそうです。
マチエールさん(?)のブログより全文の和訳と原文を引用させていただきます。

時を越えた美しさの秘密
魅力的な唇であるためには、美しい言葉を使いなさい。
愛らしい瞳であるためには、他人の美点を探しなさい。
スリムな体であるためには、飢えた人々と食べ物を分かち合いなさい。
豊かな髪であるためには、一日に一度子供の指で梳いてもらいなさい。
美しい身のこなしのためには、決してひとりで歩むことがないと知ることです。
物は壊れれば復元できませんが、人は転べば立ち上がり、
失敗すればやり直し、挫折すれば再起し、間違えれば矯正し、
何度でも再出発することができます。
誰も決して見捨ててはいけません。
人生に迷い、助けて欲しいとき、いつもあなたの手のちょっと先に
助けてくれる手がさしのべられていることを、忘れないで下さい。
年をとると、人は自分にふたつの手があることに気づきます。
ひとつの手は、自分自身を助けるため、
もうひとつの手は他者を助けるために。
(オードリーが息子たちに読み聞かせた部分の訳文は以上ですが、
 詩はさらに続いているので、その部分の訳文も掲載します。)
女性の美しさは 身にまとう服にあるのではなく、
その容姿でもなく、髪を梳くしぐさにあるのでもありません。
女性の美しさは、その人の瞳の奥にあるはずです。
そこは心の入り口であり、愛情のやどる場所でもあるからです。
女性の美しさは、顔のほくろなどに影響されるものではなく、
その本当の美しさは その人の精神に反映されるものなのです。
それは心のこもった思いやりの気持ちであり、時として見せる情熱であり、
その美しさは、年を追うごとに磨かれていくものなのです。
サム・レヴィンソン
------------------------------------------------------------
以下、英語の原文です。
“Time Tested Beauty Tips”
For attractive lips, speak words of kindness.
For lovely eyes, seek out the good in people.
For a slim figure, share your food with the hungry.
For beautiful hair, let a child run his fingers through it once a day.
For poise, walk with the knowledge you’ll never walk alone …
People, even more than things,
have to be restored, renewed, revived,
reclaimed and redeemed and redeemed …
Never throw out anybody.
Remember, if you ever need a helping hand,
you’ll find one at the end of your arm.
As you grow older you will discover that you have two hands.
One for helping yourself, the other for helping others.
The beauty of a woman is not in the clothes she wears,
the figure that she carries, or the way she combs her hair.
The beauty of a woman must be seen from in her eyes,
because that is the doorway to her heart,
the place where love resides.
The beauty of a woman is not in a facial mole,
but true beauty in a woman is reflected in her soul.
It is the caring that she lovingly gives,
the passion that she shows,
and the beauty of a woman with passing years only grows!
Sam Levinson




永野数学塾-東大卒講師の個別指導-神奈川県大和市中央林間

follow us in feedly

Post Navigation